タイピング練習の仕方(習得編)

平仮名の打ち方を指で記憶する

キーと指の位置を大体覚えたら、次に平仮名の打ち方を指で記憶します。

これはどういうことかというと、平仮名を打とうとしたとき無意識に指がキーを叩ける状態のことです。

タッチタイピングが出来る人は、例えば「ま」を打とうとしたときに
何も考えずとも「M」と「A」のキーに指が移動します。

「ま」を紙に書くときに「まず横に二本線を引いて、その次に縦に・・・」と考えなくても
手が勝手に「ま」を書いているのと同じように、無意識に文字が打てるのです。

では「指で記憶する」にはどうしたらいいのでしょうか?

指で記憶するには

指で記憶するには、色々な文字毎日タイピングすることが良い練習になります。

マイタイピングでは「タイピング練習(習得編)」として適切な問題を用意していますので
ぜひチャレンジしてみてください。また、ネットゲームチャットなどでも練習できます。

  • 手元は絶対見ない
  • ホームポジションを保つ
  • 正しい指で打つ

の鉄則を守って練習を重ねてください!

タッチタイピング習得にかかる時間

ここまででタッチタイピングの練習方法はわかりました。

じゃあ、実際にタッチタイピング習得をするのにどれぐらいの時間が掛かるのでしょうか?

これは一般的には1~2ヶ月と言われています。

重要なのは練習方法を知ること、そして毎日練習すること。

たまにパソコンを使っていたらそのうち出来るようになったという話を聞きますが
単にパソコンを使ってるだけでは絶対にタッチタイピングは身に付きません!

パソコンを使いながらタッチタイピングを習得した人は、練習方法を知り、練習しながら使っていた人だけです!
実際に10年近くパソコンで仕事しているにも関わらずタッチタイピングが出来ないという人もわりといます。

みなさんはそうならないように(もうなっているかもしれませんが・・・)
しっかりとタッチタイピングを身に付けて、パソコンを使いこなしてください!

タイピング練習(基礎編)

無料登録

タイピング練習(習得編)

タイピング練習(特訓編)

マイタイピング | 利用規約 | お問い合わせ