拝啓、不平等な神様へ

投稿者なおプレイ回数450
楽曲情報 拝啓、不平等な神様へ  るぅと  作詞るぅと  作曲身長高スギ
※このタイピングは「拝啓、不平等な神様へ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ひとくちであおるだいきり)

一口で呷るダイキリ

(「あなたとはこれきり」でいいきり)

「貴方とはこれきり」で言い切り

(きりがいいねへどろよりかちのないかんけいさらば)

きりが良いね ヘドロより価値の無い関係さらば

(あいどくのさきてにあいよくだきじつにおそろしき)

愛読のサキ手に 愛欲 唾棄 実に恐ろしき

(どこにおわしますぼくのすれどにー・ヴぁしゅたーさまよ)

どこにおわします 僕のスレドニ・ヴァシュター様よ

(しんこうのはてにはきょうきだけが)

信仰の果てには 狂気だけが

(えがおでてをまねきどこをみわたしても)

笑顔で手を招き どこを見渡しても

(すくいはないやいやいや)

救いは無いや嫌嫌嫌

(いたみはびょうどうでくるしみはひとうかだ)

痛みは平等で 苦しみは非等価だ

(したざわりわるいじんせいぎむれっとでごまかそうか)

舌触り悪い人生 ギムレットで誤魔化そうか

(どろどろにまぜてまざれまざったしょうどうなどいみもないや)

ドロドロに混ぜて 混ざり混ざった衝動など 意味も無いや

(ようこそじごくのかまのなかへと)

ようこそ地獄の釜の中へと

(たいはいてきなすぴりたす)

退廃的なスピリタス

(せかいがぼやけておどりだす)

世界がぼやけて踊り出す

(とばもりーなどいないのにりゅうげんひごてがはやいね)

トバモリ―など居ないのに 流言飛語 手が早いね

(うつつのさかいあいまいさいわいないだいたい)

現の境曖昧 幸い 無い 大体

(からしにこふかついだろーとるがいう)

カラシニコフ担いだロートルが言う

(「きみにゃもくてるがにあう」)

「君にゃモクテルが似合う」

(なりたいものはあんなにくさるほどあったのにな)

なりたいものはあんなに 腐るほどあったのにな

(やけのはらはゆめのあとだないないないないな)

焼け野原は夢の跡だ 無いな否否否

(ちかくはびょうどうでかんじょうはひとうかだ)

知覚は平等で 感情は非等価だ

(はいすらみたすようにかちかんぜんぶのみほし)

肺すら満たすように 価値観全部飲み干し

(どろどろにまぜてまざりまざってしょくどうへといみをくれよ)

ドロドロに混ぜて 混ざり混ざって食道へと 意味をくれよ

(ようこそじごくへおいでよ)

ようこそ地獄へおいでよ

(いたみはびょうどうでくるしみはひとうかだ)

痛みは平等で 苦しみは非等価だ

(だれもがさかしらにわかったかおをしている)

誰もが賢しらに わかった顔をしている

(いたみはびょうどうでくるしみはひとうかだ)

痛みは平等で 苦しみは非等価だ

(したざわりわるいじんせいぎむれっとでごまかそうか)

舌触り悪い人生 ギムレットで誤魔化そうか

(どろどろにまぜてまざりまざったしょうどうなどいみもない)

ドロドロに混ぜて 混ざり混ざった衝動など 意味も無い

(ようこそじごくのせとぎわ)

ようこそ地獄の瀬戸際

(ちかくはびょうどうでかんじょうはひとうかだ)

知覚は平等で 感情は非等価だ

(さんびかはさんびきわめたんびなふしゅうばらまく)

賛美歌は酸鼻極め 耽美な腐臭ばら撒く

(せいじゃのそうれつとむらいにおどりあかそういみはないよ)

生者の葬列 弔いに踊り明かそう 意味は無いよ

(かみさまぼくをしあわせにしてくれ)

神様 僕を幸せにしてくれ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。