デラシネ

投稿者しらゆきプレイ回数286
楽曲情報 デラシネ  斉藤 壮馬  作詞斉藤 壮馬  作曲斉藤 壮馬
難易度(2.5) 757打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 声優 斉藤壮馬
斉藤壮馬さんのデラシネです!
※このタイピングは「デラシネ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 R 3591 D+ 3.9 92.6% 193.8 756 60 28 2021/10/31

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はるにはまだすこしはやいが)

春にはまだすこし早いが

(えれめんともういろづいてきたな)

元素 (エレメント)もう色づいてきたな

(ひだまりのすきまくぐった)

陽だまりの隙間 くぐった

(せかいがふとまばたきしていたから)

世界がふとまばたきしていたから

(まどろみのなかへいざなうよ)

まどろみの中へ誘うよ

(とこやみあいたらさでかけよう)

とこやみ 飽いたらさ 出かけよう

(かりにみんなまぼろしだったら)

仮にみんな幻だったら

(ひらりいのりのようなえーてるが)

ひらり 祈りのようなエーテルが

(ふりそそぐ)

降り注ぐ

(すべてのまなざしからとかれて)

すべてのまなざしから 解かれて

(そんなふうにこんなふうに)

そんなふうに こんなふうに

(かぜになってたゆたっていたっていいんだ)

風 になって揺蕩っていたっていいんだ

(さやぐたいきえんでめらんこりっくね)

さやぐ大気 笑んで メランコリックね

(しんどますてれぱすはだしであるいたっけ)

深度 増すテレパス 裸足で歩いたっけ

(それはどこかとおいまちいつかふれたゆめのはし)

それは どこか遠い街 いつか触れた夢の端

(ゆりかごまゆとうめいにつつまれて)

ゆりかご 繭 透明 に包まれて

(このぱれっとになまえはないんだよ)

このパレットに名前はないんだよ

(ひそやかにさくあだばなのよう)

密やかに咲く徒花 のよう

(きっとみんなまぼろしだから)

きっとみんな幻 だから

(あわいみーむにじあくたすらえとらんぜ)

あわい ミーム 虹 芥 すら エトランゼ

(すべてのまなざしいまささめいて)

すべてのまなざし 今 ささめいて

(そんなふうにこんなふうに)

そんなふうに こんなふうに

(かぜになってたゆたっていたい)

風 になって 揺蕩っていたい

(うつろいでいるせかいから)

うつろいでいる 世界から

(つぎにさすらえるときまではそうおやすみ)

次 にさすらえる季節(とき)までは そう おやすみ

(すべてのまなざしほらとけあって)

すべてのまなざし ほら 溶けあって

(そんなふうにこんなふうに)

そんなふうに こんなふうに

(かぜになってたゆたっていたっていいんだ)

風 になって揺蕩っていたっていいんだ

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!