ギンモクセイ

投稿者ゆーぼーYUUBOU プレイ回数12
楽曲情報 ギンモクセイ  曽根 由希江  作詞曽根 由希江  作曲藤井 理央
難易度(3.9) 240秒 歌詞 かな 長文モード可
曽根由希江さんの名曲
※このタイピングは「ギンモクセイ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

4月の雨

4月の雨

aikoの名曲

プレイ回数47
歌詞かな300秒
  

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(まどにみみすましきみのおとをまつあいにきてよがいえなくて)

窓に耳澄まし君の音を待つ会いにきてよが言えなくて

(きたいしてはいたむむねきょうのたんじょうびわたすはずのとけい)

期待しては痛む胸今日の誕生日渡すはずの時計

(にぎりしめたままではりはもうすぐつぎのひにかわっていく)

握りしめたままで針はもうすぐ次の日に変わっていく

(こえがききたくなったてよろこぶかおがみたくたって)

声が聞きたくなったて喜ぶ顔が見たくたって

(もうかえってこないのにえがおだけかなしいくらいうかぶの)

もう帰ってこないのに笑顔だけ悲しいくらい浮かぶの

(いかないでとかぜにのせてきみのうでにとまればいいのに)

行かないでと風に乗せてキミの腕に止まればいいのに

(こころにさわりたくてとどけとそらにつなぐ)

心に触りたくて届けと空に繋ぐ

(であったころにさいていたむねをそっとあまくつつむような)

出会った頃に咲いていた胸をそっと甘く包むような

(ちいさくよりそうしろいはなまどからせつなくかおるの)

小さく寄り添う白い花窓からせつなく香るの

(こころがわりをせめたってしかたない)

心変わりを責めたって仕方ない

(でももうまたないときめてからなんどまどをみてるんだろう)

でももう待たないと決めてから何度窓を見てるんだろう

(わかってるのぶきようってそのやさしさにあまえすぎたって)

わかってるの不器用ってその優しさに甘えすぎたって

(あのありがとうはさよならよりもかくごのあることばだって)

あのありがとうはさよならよりも覚悟のある言葉だって

(あいたいよとかぜにのせてきみのほほにふけばいいのに)

会いたいよと風に乗せてキミの頬に吹けばいいのに

(こころにさわれなくておなじそらみえなくて)

心に触れなくたって同じ空見えなくたって

(であったころにさいてたいまもむねのおくゆれている)

出会った頃に咲いてた今も胸の奥揺れている

(きみをいちばんにあいせたのはわたしでありますようにと)

キミを一番に愛せたのは私でありますようにと

(おもいでにさいてるぎんもくせいまどからせつなくかおるの)

思い出に咲いてるギンモクセイ窓からせつなく香るの

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

ピックアップ

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971