目眩 一番のみ

投稿者ポレポレプレイ回数49
楽曲情報 目眩  ヒトリエ  作詞WOWAKA  作曲WOWAKA
難易度(3.1) 767打 歌詞 かな 長文モード可
※このタイピングは「目眩」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ぼくのめをてらしてるまるでしらないいろのひかりも)

僕の眼を照らしてる まるで知らない色の光も

(ぼくにてをのばしてるまるでしらないきみのこえも)

僕に手を伸ばしてる まるで知らない君の声も

(なぜかなつかしくておもわずこのからだがうごく)

何故か懐かしくて 思わずこの身体が動く

(このよるをかけまわるぼくのすがたがありました)

この夜を駆け回る僕の姿がありました

(きみのめをいろどるぼくのしらないなまえのひかりが)

君の眼を彩る僕の知らない名前の光が

(このよるをてらしてく)

この夜を照らしてく

(どれだけせかいがこばもうとも)

どれだけ世界が拒もうとも

(どこにもそまれぬひとりきりのおもいはきょうもまた)

何処にも染まれぬ ひとりきりの思いは今日もまた

(このよるをかけまわりぼくのしんのぞうもやけこげた)

この夜を駆け回り僕の心の臓も灼け焦げた

(ことばさえいみをもたぬせかいをゆめにみたことを)

言葉さえ意味を持たぬ世界を夢に見たことを

(だれにもあかせずひとりまぶたをはらしたよるも)

誰にも明かせずひとり瞼を腫らした夜も

(いびつなかたちでもそれがぼくだとおしえてくれた)

歪な形でもそれが僕だと教えてくれた

(このよるをかけまわるひかりだってしっているはずだよ)

この夜を駆け回る光だって知っているはずだよ

(わすれたはずのかなしみも)

忘れたはずの悲しみも

(おもいだせないよろこびも)

思い出せない歓びも

(きえてなんてない)

消えてなんてない

(ぼくとせなかあわせでたっているだけ)

僕と背中合わせで立っているだけ

(おもいをおもうだけいつもさびしいのは)

思いを思うだけいつも寂しいのは

(それをただひたすらねがっているしるしだから)

それをただひたすら願っている標しだから

(ねがえばねがうだけそれがまぶしいのは)

願えば願うだけそれが眩しいのは

(それをただひたすらおもっているあなたがいるから)

それをただひたすら思っているあなたがいるから

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!