まるで霧雨のような

投稿者てんプレイ回数144
楽曲情報 まるで霧雨のような  作詞はるふり  作曲はるふり
難易度(2.9) 589打 歌詞 長文モード可タグまるで霧雨のような 重音テト はるふり ボカロ UTAU
まるで霧雨のような / 重音テト
うらめしい一日だった
※このタイピングは「まるで霧雨のような」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ふらっとあたりをあるいた)

ふらっと辺りを歩いた

(からだじゅうがみずびたしでこまるな)

体中が水浸しで困るな

(ふあんはひとりでにつもった)

不安は独りで煮積もった

(ごぜん10じまだむねがさむいな)

午前10時まだ胸が寒いな

(ふまんはあたりまえだっけ)

不満は当たり前だっけ

(おもいかえせばぼくのしったいだな)

思い返せば僕の失態だな

(ふうらんはさりぬさがそうか)

風嵐は去りぬ探そうか

(なくしてしまったものを)

失くしてしまったものを

(ないからおしまいはないから)

「無いからお終い」は無いから

(はっているんでしょ)

這っているんでしょ

(まいちるきょうにおわかれをさ)

舞い散る今日にお別れをさ

(もういったりきたりの)

もう言ったり来たりの

(さんざんないろをみてめぐることも)

散々な色を観て巡る事も

(ゆるされずにぐるぐるまわる)

許されずにぐるぐる周る

(うらうらうらうらうらめしいな)

うらうらうらうらうらめしいな!

(ぼくがぼくがぼくが)

僕が僕が僕が

(さんざんないろをみてめぐることも)

散々な色を観て巡る事も

(ゆるされずにぐるぐるまわる)

許されずにぐるぐる周る

(うらうらうらうらうらめしいな)

うらうらうらうらうらめしいな!

(ぼくがぼくがぼくがぬれたまま)

僕が僕が僕が濡れたまま

(さんざんないろをみてめぐることも)

散々な色を観て巡る事も

(ゆるされずにぐるぐるまわる)

許されずにぐるぐる周る

(うらうらうらうらうらめしいな)

うらうらうらうらうらめしいな!

(ぼくがぼくがまるできりさめのような)

僕が僕がまるで霧雨のような

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!