林檎売りの泡沫少女

投稿者天狐プレイ回数55
楽曲情報 林檎売りの泡沫少女  YUKKEDOLUCE  作詞ゆっけ  作曲ゆっけ
難易度(3.6) 1587打 歌詞 長文モード可
エアコミケが無事に終わりましたね。
いつも通り狙っていたものは通販で取り寄せました。
その曲たちをここへ共有します。
第七弾
※このタイピングは「林檎売りの泡沫少女」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(とおいとおいときのはて)

遠い遠い時の果て

(そこにすまうひとはみな)

そこに住まう人は皆

(えいえんのいのちをもつせかいでのはなし)

永遠の命をもつ世界での話

(あかいみのなるきのした)

赤い実の成る木の下

(lalalulaうまれながらに)

La La Lu La 生まれながらに

(しののろいがかけられたしょうじょのはなし)

死の呪いがかけられた少女の話

(いろづいたまちはずれ)

色付いた街外れ

(あおくひかるこはん)

蒼く光る湖畔

(あかいみのおかしや)

赤い実のお菓子屋

(ちょっぴりさむくなったきょうはみょうにほこらしげ)

ちょっぴり寒くなった今日は妙に誇らしげ

(じしんさくをうりにゆく)

自信作を売りにゆく

(まっててこんどこそおいしいんだから)

待ってて 今度こそ 美味しいんだから

(とけいとうのみえるいちおどろいた)

時計塔の見える市 驚いた

(めずらしくにぎやかねlalalulalucky!!)

珍しく賑やかね La La Lu La Lucky!!

(ものうげなまちのすみひとり)

物憂げな街の隅 ひとり

(あかいみのぱいどうですかじしんさくなの)

赤い実のパイどうですか 自信作なの

(そんなのひとつもうれないさ)

そんなのひとつも売れないさ

(しょうじょをみてさげすむひとたち)

少女を見て蔑む人達

(みんなとなにもかわらないのに)

みんなと何も変わらないのに

(おいしくできたのに)

美味しくできたのに

(きょうもこえはとどかないのね)

今日も声は届かないのね

(まるでとうめいになったみたいだわ)

まるで透明になったみたいだわ

(そうしてだれもがしらぬふりをした)

そうして誰もが知らぬ振りをした

(なぜならしょうじょはのろわれているから)

何故なら少女は呪われているから

(しんだせかいでただひとりいきていたしょうじょのはなし)

死んだ世界で唯ひとり生きていた少女の話

(よなべであれんじぱいと)

夜なべでアレンジパイと

(にっこりすまいるひっさげ)

にっこりスマイル引っ提げ

(しょうじょはまだあきらめない)

少女はまだ諦めない

(とけいとうのはりもそらをさして)

時計塔の針も空を指して

(おなかもなるそんなとき)

お腹も鳴るそんな時

(ふとうしろからひとがしょうじょをおすあまいかごはおちる)

ふと後ろから人が少女を押す 甘い籠は落ちる

(おかしをふみいくひとたちへいきなかおしてさ)

お菓子を踏み行く人達 平気な顔してさ

(みじめにひろいあつめるふともうひとりのてが)

惨めに拾い集める ふともうひとりの手が

(どろどろのぱいをおもむろにくちにいれて)

どろどろのパイを徐に口に入れて

(「おいしいね」)

「おいしいね」

(そのこえでこころはあふれた)

その声で心は溢れた

(まるでりんかくをえがいたみたいだわ)

まるで輪郭を描いたみたいだわ

(そうしてかれはてをさしだした)

そうして彼は手を差し出した

(なぜならしょうじょにのろわれているから)

何故なら少女に呪われているから

(しんだせかいでただふたりいきていたとおいものがたり)

死んだ世界で唯ふたり生きていた遠い物語

(まちのひとたちはあわれむ)

街の人達は哀れむ

(あかいみをたべてのろわれたものを)

赤い実を食べて呪われた者を

(えいえんにいきられずにしぬのさ)

永遠に生きられずに死ぬのさ

(ああなんてかわいそうなはなし)

嗚呼なんて可哀想な話

(ふたりはわらうそれでもわらう)

ふたりは笑う それでも笑う

(lalalaとってもすてきなのろいね)

La La La とっても素敵な呪いね

(たとえあしたしんでも「いま」がたしかでたいせつになるから)

例え明日死んでも 『今』が確かで大切になるから

(もうこえはとどかないのね)

もう声は届かないのね

(まるでとうめいになったみたいだわ)

まるで透明になったみたいだわ

(そうしてだれもがしらぬふりをした)

そうして誰もが知らぬ振りをした

(なぜならせかいがのろわれているから)

何故なら世界が呪われているから

(「えいえん」ののろいはとかれていた)

『永遠』の呪いは解かれていた

(まるでふたりのほうがくるったみたいだろう)

まるでふたりの方が狂ったみたいだろう

(そうしていつかわらうようにねむる)

そうしていつか笑うように眠る

(なぜならふたりははなたれているから)

何故ならふたりは放たれているから

(しんだせかいでただふたりだけがしあわせだった)

死んだ世界で唯ふたりだけが幸せだった

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

天狐のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971