春の香りに包まれて

投稿者プレイ回数40
楽曲情報 春の香りに包まれて  The Songbards  作詞上野 皓平  作曲松原 有志
難易度(2.5) 463打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 音楽 The Songbards 春の香りに包まれて タイピング
The Songbards の『春の香りに包まれて』です。
一番のみです。
※このタイピングは「春の香りに包まれて」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 singsang 3419 D 3.5 97.6% 132.2 463 11 17 2020/09/04

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(うわついたはるのやくそくは)

浮ついた春の約束は

(どこまでもとべそうなきがした)

どこまでも飛べそうな気がした

(なにもしらなかったあのころを)

何も知らなかったあの頃を

(しったようにふりかえるぼくらさ)

知ったように振り返る僕らさ

(だれのものにもならないすべては)

誰のものにもならない全ては

(かきあつめてもこぼれおちてゆく)

かき集めてもこぼれ落ちてゆく

(いつかすべてきえてしまうならば)

いつか全て消えてしまうならば

(はっぴーえんどのつづきをきこう)

ハッピーエンドの続きを聴こう

(かぜはやさしいはるのにおいをはこんで)

風は優しい春の匂いを運んで

(ちいさなあかいみがやわらかなゆきのうえにおちて)

小さな赤い実が柔らかな雪の上に落ちて

(それでもまだみたされないことをいつかぼくは)

それでもまだ満たされないことをいつか僕は

(ほほえんでまたはるのあめにうたれ)

微笑んでまた春の雨に打たれ

(めをさますのか)

目を覚ますのか

(このままぼくらどこへ)

このまま僕らどこへ

(かぜにふかれてどこへゆく)

風に吹かれてどこへゆく

(つめたいあめでもくらいあさでも)

冷たい雨でも暗い朝でも

(はるのかおりにつつまれて)

春の香りに包まれて

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。