「初恋」(詩集『若菜集』より)

投稿者KATプレイ回数55
難易度(2.4) 180秒 かな
島崎藤村さんの詩
日本の詩人、小説家。本名は島崎春樹。信州木曾の中山道馬籠(現在の岐阜県中津川市馬籠)生まれ。
『文学界』に参加し、ロマン主義詩人として『若菜集』などを出版。

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(まだあげそめしまえがみの)

まだあげ初めし前髪の

(りんごのもとにみえしとき)

林檎のもとに見えしとき

(まえにさしたるはなぐしの)

前にさしたる花櫛の

(はなあるきみとおもひけり)

花ある君と思ひけり

(やさしくしろきてをのべて)

やさしく白き手をのべて

(りんごをわれにあたへしは)

林檎をわれにあたへしは

(うすぐれなるのあきのみに)

薄紅の秋の実に

(ひとこひそめしはじめなり)

人こひ初めしはじめなり

(わがこころなきためいきの)

わがこゝろなきためいきの

(そのかみのけにかこるとき)

その髪の毛にかゝるとき

(たのしきこいのさかづきを)

たのしき恋の盃を

(きみがなさけにくみしかな)

君が情に酌みしかな

(りんごはたけのこのしたに)

林檎畑の樹の下に

(おのづからなるほそみちは)

おのづからなる細道は

(たがふみそめしかたみぞと)

誰が踏みそめしかたみぞと

(といひたまふこそこひしけれ)

問ひたまふこそこひしけれ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。