トウキョウダイバアフェイクショウ

投稿者プレイ回数91
楽曲情報 トウキョウダイバアフェイクショウ  作詞ツミキ  作曲ツミキ
難易度(2.5) 1112打 歌詞 かな 長文モード可
※このタイピングは「トウキョウダイバアフェイクショウ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はきだしておぼえたかいらくとつうかくをおうおうにして)

吐出して憶えた快楽と痛覚を往往にして

(とりとめないかんだんのあんごうではじまる)

取留無い閑談の暗号で始まる

(さいえんすふぃくしょん)

サイエンスフィクション

(はみだすきょうかいせんかんじょうはおくじょうのえんちょうせんじょう)

食み出す境界線 感情は屋上の延長線上

(たいはいしたばっくびーとなんせんす)

退廃したバックビート=ナンセンス

(さんかくけいにばつをうって)

三角形に罰を打って

(いたいいたいのとんでけって)

「痛い痛いの飛んでけ」って

(からっぽののうでちょうになって)

空っ砲の脳で蝶に成って

(しのごのいわずにさんにいちでいけ)

四の五の言わずに三二一で行け

(まっさかさまおちていって)

真逆様 落ちて行って

(くうちゅうあいをうたうのさ)

空中、愛を謳うのさ

(すべてまっかっかなうそだったんだ)

総て真赤赤な嘘だったんだ!

(ふぉーりんふぉーりん)

falling falling

(まっさかさまおちていって)

真逆様 落ちて行って

(さよならだね)

さよならだね

(すくいだしてぼくをうってくれよ)

救い出して僕を撃ってくれよ

(やきついたれっとうかんとゆうえつかんをはんすうにして)

灼き憑いた劣等感と優越感を反芻にして

(かしがましいえんそうはさんぷんかんでおわるさすぺんすげきじょう)

囂しい演奏は三分間で終わる サスペンス劇場

(たいくつなきじょうおんがく)

退屈な机上音楽

(ひょうしょうだいじょうはれぷりけいしょん)

表彰台上はレプリケイション

(しらじらしいせいしゅんぶんがく)

白白しい青春文学

(せきかっしょくですいほうにきせ)

赤褐色で水泡に還せ

(きらいきらいときょうをかくして)

嫌い嫌いと今日を隠して

(いないいないばあとかいぎゃくろうして)

「いないいないばあ」と諧謔弄して

(これでおわるならうちゅうになってしまえ)

此れで終るなら宇宙に成って仕舞え!

(まっさかさまおちていって)

真逆様 落ちて行って

(くうちゅうあいをうたうのさ)

空中、愛を謳うのさ

(すべてまっかっかなうそだったんだ)

総て真赤赤な嘘だったんだ!

(ふぉーりんふぉーりん)

falling falling

(まっさかさまおちていって)

真逆様 落ちて行って

(さよならだね)

さよならだね

(はりをおとしてちゃんときいてくれよ)

針を落してちゃんと聴いてくれよ

(まっさかさまおちていって)

真逆様 落ちて行って

(くうちゅうあいをうたうのさ)

空中 愛を謳うのさ

(すべてまっかっかなうそだったんだ)

総て真赤赤な嘘だったんだ!

(ふぉーりんふぉーりん)

falling falling

(まっさかさまおちていって)

真逆様 落ちて行って

(まっさかさまおちていって)

真逆様 落ちて行って

(さよならだね)

さよならだね

(ちゅうにまってきれいだっていって)

宙に舞って「奇麗だ」って言って

(まっさかさまおちていって)

真逆様 落ちて行って

(とかいのおくじょうにじゅうごかいからわらいとばして)

都会の屋上 二十五階から嗤い飛ばして

(せまりくるよるのまちのけんそうとまざりあうのさ)

迫り来る夜の街の諠譟と雑り合うのさ。

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。