夢のまた夢

投稿者ぬぬぬプレイ回数177
楽曲情報 夢のまた夢  まふまふ  作詞まふまふ  作曲まふまふ
難易度(2.6) 60秒 歌詞 かな 長文モード可タグ 歌い手 音楽 まふまふ
まふまふさんのオリジナル曲『夢のまた夢』の歌詞打です

夢のまた夢(yume no mata yume)
---------------------------------------
あの夏は二度と訪れない

唄 まふまふ
音楽 まふまふ
※このタイピングは「夢のまた夢」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ひろ 3000 E++ 3.2 93.6% 60.0 193 13 7 2020/08/23
2 うづき 3000 E++ 3.3 91.2% 60.0 199 19 7 2020/08/25

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あまいものほどとけるそれがこいだっけ)

甘いものほど溶ける それが恋だっけ?

(くちざみしいやわたがしをひとつかっていこう)

口寂しいや 綿菓子をひとつ買っていこう

(わかなえのそでそらになげたこいぶみ)

若苗の袖 空に投げた恋文

(あのげたばこはわらいかたのくずかご)

あの下駄箱は 笑い方のくずかご

(うつぶしいろ)

空五倍子色(うつぶしいろ)

(ながかみがゆれるはくめいてまねいて)

長髪が揺れる薄明 手招いて

(くちかずもへるけいだい)

口数も減る境内

(なくしたものばかりかぞえている)

失くしたものばかり数えている

(よまいもうそうに)

世迷い 妄想に

(ゆめのまたゆめかみはてぬゆめ)

夢のまた夢か見果てぬ夢

(みなしごとぱぱにうとまれたこ)

みなしごとパパに疎まれた子

(やみよほどほしがきれいなこと)

闇夜ほど星が綺麗なこと

(ねえしってる)

ねえ 知ってる?

(さかゆめのままにおどれおどれ)

逆夢(さかゆめ)のままに踊れ 踊れ

(ぼくらがぼくらでいられるまで)

ボクらがボクらでいられるまで

(なりふりかまわずてをたたけ)

形振り構わず手を叩け

(いつのひかこのゆめがさめるまでは)

いつの日かこの夢が覚めるまでは

(きんぎょすくいですくえるようないのちは)

金魚すくいで 救えるような命は

(だれかすくってくれだなんておもっていた)

誰かすくってくれだなんて思っていた

(そうだ)

そうだ

(だれかのすきなだれかになって)

誰かの好きな誰かになって

(いわれるままにおとなになって)

言われるままに大人になって

(それでもわからないまま)

それでもわからないまま

(どうしてなみだがとまらないんだろう)

どうして 涙が止まらないんだろう

(わすれたものりんごあめ)

わすれたもの 林檎飴

(みずにおりたつつきのかげ)

水に降り立つ 月の影

(かがみごしにちるはなび)

鏡越しに散る花火

(さわれぬものばかりさがしている)

触れぬものばかり探している

(よまいもうそうに)

世迷い 妄想に

(もういいよもういいよ)

もういいよ もういいよ

(うかんではてらしては)

浮かんでは 照らしては

(すいこまれる)

吸い込まれる

(つつやみいろのなつぞら)

惣闇色(つつやみいろ)の夏空

(ゆめのまたゆめかみはてぬゆめ)

夢のまた夢か見果てぬ夢

(こんなごみのようなせかいでも)

こんなゴミのような世界でも

(ぼくはすきでたまらない)

ボクは好きでたまらない

(おどれおどれさあおどれおどれ)

踊れ 踊れ さあ踊れ 踊れ

(なにもかもすべてわすれさせて)

何もかもすべて忘れさせて

(なりふりかまわずてをたたけ)

形振り構わず手を叩け

(いつのひかこのゆめがさめるまでは)

いつの日かこの夢が覚めるまでは

(ゆめのむこうでゆめをさがしている)

夢の向こうで夢を探している

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

ぬぬぬのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971