剣が君「火車」鈴懸(cv逢坂良太)

投稿者さくら餅プレイ回数28
楽曲情報 火車  逢坂 良太  作詞岩崎 大介  作曲原田 アツシ
難易度(2.1) 982打 歌詞 かな 長文モード可タグ剣が君 火車 歌詞 ゲーム キャラソン
剣が君 鈴懸のキャラソンです
剣が君ベストソング弐より「火車」
※このタイピングは「火車」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(めぐれかしゃのごとく)

廻れ、火車(かしゃ)の如く

(てらせあまねくやみを)

照らせ、遍く闇を

(おどれこだまたちよ)

踊れ、木霊たちよ

(つきをこえとこよへ)

月を超え、常世へ

(かえるのがこよいなら)

還るのが今宵なら

(そらにうくかがりびのいろあかというにはいろうすく)

空に浮く篝火の色 赤というには色薄く

(だれのこえがかすかにひびく)

誰の声が、幽かに響く?

(つかみかけたたいせつなもの)

掴みかけた大切なもの

(ふるえてるこころはまもりたいただひとりを)

震えてる 心は 守りたい ただ、ひとりを

(めのまえでああ)

目の前であゝ

(めぐれかしゃのごとく)

廻れ、火車(かしゃ)の如く

(てらせあまねくやみを)

照らせ、遍く闇を

(おどれこだまたちよ)

踊れ、木霊たちよ

(ひとしれずかけぬけてく)

人知れず、駆け抜けてく

(つかむじゅずのさきに)

掴む、数珠の先に

(のせたさだめならば)

のせた運命ならば

(ひかれこのまなざし)

光れ、この眼差し

(かなしみはひとつにひはのぼるかならずや)

哀しみは、ひとつに 陽は昇る、必ずや!

(もどかしさがむねをうてば)

もどかしさが、胸を打てば

(どうにもならないことわり)

どうにもならない理

(えらべないやさしさをいま)

選べない優しさを、今

(いきをもいきりすいこんで)

息を思い切り、吸い込んで

(すみわたるけついをしんじてるただひとつを)

澄み渡る 決意を 信じてる ただひとつを

(ゆめのことああ)

夢のこと あゝ

(とわにむすばれてる)

永久に、結ばれてる

(あかいいとのさきで)

赤い糸の先端で

(こえをつまらせてる)

声をつまらせてる

(だきしめたぬくもりだけ)

抱き締めた、温もりだけ

(ひとはよわいものと)

人は、弱いものと

(しればしるほどまよう)

知れば、知るほど迷う

(ちかうどんなときも)

誓う、どんな時も

(はなさないかならず)

離さない、必ず

(よはあけるこれからも)

夜は明ける、これからも

(たたかうわけはこのむねに)

戦う理由は、この胸に

(ひめたつよさはだれがために)

秘めた強さは 誰が為に?

(めのまえでただないてる)

目の前でただ、泣いてる

(ひとをきみを)

人を 君を

(めぐれかしゃのごとく)

廻れ、火車(かしゃ)の如く

(てらせあまねくやみを)

照らせ、遍く闇を

(めぐれかしゃのごとく)

廻れ、火車(かしゃ)の如く

(てらせあまねくやみを)

照らせ、遍く闇を

(おどれこだまたちよ)

踊れ、木霊たちよ

(ひとしれずかぬけて)

人知れず、駆け抜けて

(つかむじゅずのさきに)

掴む、数珠の先に

(のせたさだめならば)

のせた運命ならば

(ひかれこのまなざし)

光れ、この眼差し

(かなしみはひとつにひはのぼるかならずや)

哀しみは、ひとつに 陽は昇る、必ずや!

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。