日曜日のラブレター

投稿者yunaプレイ回数000
楽曲情報 日曜日のラブレター  Official髭男dism  作詞藤原 聡  作曲藤原 聡
難易度(3.1) 1267打 歌詞 かな 長文モード可タグofficial髭男dism 音楽 歌詞 アーティスト JPOP
official髭男dismの日曜日のラブレターという曲です。
※このタイピングは「日曜日のラブレター」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(となりでねいきがたってるしずかにそれをきいてる)

隣で寝息が立ってる 静かにそれを聞いてる

(ひるさがりのとてもちいさなしあわせ)

昼下がりのとても小さな幸せ

(ぱそこんがぼくをせかしてる)

パソコンが僕を急かしてる

(きょうくらいはとむしをする)

今日くらいは と無視をする

(もうすこしだけよこになってみみをかたむけたら)

もう少しだけ横になって耳を傾けたら

(あおいいんくのぼーるぺんとかばんにしのばせたことばを)

青いインクのボールペンとカバンに忍ばせた言葉を

(こっそりだしてよるになるまえに)

こっそり出して夜になる前に

(きすしてるみたいにてがみをかこうすなおにきみをおもうきもちを)

キスしてるみたいに手紙を書こう 素直に君を思う気持ちを

(のーとのにまいめちぎってはずかしがらずに)

ノートの二枚目ちぎって恥ずかしがらずに

(きみがあすのあさもわらっていられるよう)

君が明日の朝も笑っていられるよう

(まくらのしたにありったけのあいを)

枕の下にありったけの愛を

(ほらよんでみていとしくなるよなんどでも)

ほら 読んでみて 愛しくなるよ 何度でも

(となりでねいきがたってるそのとなりでまどがないている)

隣で寝息が立ってる その隣で窓が泣いている

(あわさってものがなしいそのしらべ)

合わさってモノ悲しいその調べ

(ぱそこんがぼくをわらってるこれくらいがちょうどいいとおもう)

パソコンが僕を笑ってる これくらいがちょうどいいと思う

(びょうしんのうるさいとけいももうきにならないんだ)

秒針のうるさい時計ももう気にならないんだ

(しあわせなひびがつづいたらあいのことばもあいさつになる)

幸せな日々が続いたら愛の言葉も挨拶になる

(くだけたことばのはへんできずつけぬよう)

砕けた言葉の破片で傷つけぬよう

(きすしてるみたいにてがみをかこう)

キスしてるみたいに手紙を書こう

(いつになくきれいなじでかこう)

いつになく綺麗な文字で書こう

(えらんだことばにくやんだらまるめてやりなおして)

選んだ言葉に悔やんだら丸めてやり直して

(きみとぼくがあすもてをとりあえるように)

君と僕が明日も手をとりあえるように

(ひびのかんしゃとありったけのあいを)

日々の感謝とありったけの愛を

(ほらよんでみていとしくなるよなんどでも)

ほら 読んでみて 愛しくなるよ 何度でも

(そらにらららららららうたえばなきむしなくももはれるさ)

空にラララララララ歌えば泣き虫な雲も晴れるさ

(こころもかみくずみたいにぐしゃぐしゃになったけどいまは)

心も紙屑みたいにぐしゃぐしゃになったけど今は

(らいげつもらいねんもずっとむなしさだけのよあけも)

来月も来年もずっと 虚しさだけの夜明けも

(なんてことないのりこえられそう)

なんてことない乗り越えられそう

(きすしてるみたいにてがみをかこう)

キスしてるみたいに手紙を書こう

(すなおにきみをおもうきもちを)

素直に君を想う気持ちを

(のーとのにまいめちぎってはずかしがらずに)

ノートの二枚目ちぎって恥ずかしがらずに

(きみがあすのあさもわらっていられるよう)

君が明日の朝も笑っていられるよう

(まくらのしたにありったけのあいを)

枕のしたにありったけの愛を

(ほらよんでみていとしくなるよなんどでも)

ほら 読んでみて 愛しくなるよ 何度でも

(らぶれたーかいたかいたかいた)

ラブレター書いた 書いた 書いた