高嶺の花子さん

投稿者YanooJAPANプレイ回数0000
楽曲情報 高嶺の花子さん  back number  作詞清水 依与吏  作曲清水 依与吏
難易度(3.1) 300秒 歌詞 長文モード可タグback number 高嶺の花子さん 歌詞 音楽
知人Bの曲です
※このタイピングは「高嶺の花子さん」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ぽんず 6520 S+ 6.8 95.6% 300.0 2050 94 70 2020/10/08
2 そばああああああ 6490 S 6.9 94.3% 300.0 2072 125 71 2020/10/21
3 あーちゃん 6250 S 6.6 94.5% 300.0 1989 114 68 2020/10/19
4 n 4820 B 4.9 97.9% 300.0 1477 31 51 2020/10/28
5 ケンタ 3966 D++ 4.2 94.0% 300.0 1271 81 44 2020/10/07

関連タイピング

  • クリスマスソング

    クリスマスソング

    back number「クリスマスソング」。フルバージョンです。

    プレイ回数60776
    歌詞かな1225打
  • Love so sweet

    Love so sweet

    輝いたのは君だと気付く曲です

    プレイ回数13322
    歌詞300秒
  • ヒロイン

    ヒロイン

    back numberのヒロインです!

    プレイ回数52705
    歌詞かな742打
  • 高嶺の花子さん

    高嶺の花子さん

    back numberの高嶺の花子さんです!

    プレイ回数156776
    歌詞かな1188打
  • HAPPY BIRTHDAY

    HAPPY BIRTHDAY

    HAPPY BIRTHDAYのフルバージョン。

    プレイ回数14467
    歌詞かな868打
  • 瞬き

    瞬き

    back number/瞬き

    プレイ回数16600
    歌詞かな1024打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(きみからみたぼくはきっと)

君から見た僕は きっと

(ただのともだちのともだち)

ただの友達の 友達

(たかがちじんbにむけられた)

たかが知人Bにむけられた

(えがおがあれならもうおそろしいひとだ)

笑顔があれならもう恐ろしい人だ

(きみをほれさせるくろまじゅつはしらないし)

君を惚れさせる 黒魔術は知らないし

(うみにさそうゆうきもくるまもない)

海に誘う勇気も車もない

(でもみたいとなりでめざめて)

でも見たい となりで目覚めて

(おはようとわらうきみを)

おはようと 笑う君を

(あいたいんだいますぐそのかどから)

会いたいんだ 今すぐその角から

(とびだしてきてくれないか)

飛び出してきてくれないか

(なつのまものにつれさられぼくのもとへ)

夏の魔物に連れ去られ 僕のもとへ

(うまれたほしのもとがちがくたって)

生まれた星のもとが 違くたって

(ぐうぜんとなつのまほうとやらのちからでぼくのものに)

偶然と夏の魔法とやらの 力で僕のものに

(なるわけないか)

なるわけないか

(きみのこいびとになるひとは)

君の恋人になる人は

(もでるみたいなひとなんだろう)

モデルみたいな人なんだろう

(そいつはきっときみよりもとしうえで)

そいつはきっと君よりも年上で

(やけたはだがよくにあうようがくずきなひとだ)

焼けた肌がよく似合う 洋楽好きな人だ

(きすをするときもきみはせのびしている)

キスをするときも 君は背伸びしている

(あたまをなでられきみがわらいます)

頭をなでられ君が笑います

(だめだなにひとつかってない)

駄目だ 何ひとつ 勝ってない

(いやまてよそいつだれだ)

いや待てよ そいつ誰だ

(あいたいんだいますぐそのかどから)

会いたいんだ 今すぐその角から

(とびだしてきてくれないか)

飛び出してきてくれないか

(なつのまものにつれさられぼくのもとへ)

夏の魔物に連れ去られ 僕のもとへ

(きみがほかのだれをきになっていたって)

君が他の誰を気になっていたって

(ぐうぜんとあぶらかたぶらなちからでぼくのものに)

偶然と アブラカタブラな力で 僕のものに

(このむねのあせりにみをまかせ)

この胸の 焦りに身を任せ

(きみのとこへはしったとしてじつはぼくのほうが)

君のとこへ走ったとして 実は僕の方が

(わるいいみでなつのまほうてきなもので)

悪い意味で 夏の魔法的なもので

(まいあがってましたって)

舞い上がってましたって

(こわすぎるおちばかりうかんできて)

怖すぎる オチばかり浮かんできて

(まなつのそらのしたでふるえながら)

真夏の空の下で 震えながら

(きみのことをかんがえます)

君の事を考えます

(すきなあいすのあじはきっと)

好きなアイスの味は きっと

(あいたいんだいますぐそのかどから)

会いたいんだ 今すぐその角から

(とびだしてきてくれないか)

飛び出してきてくれないか

(なつのまものにつれさられぼくのもとへ)

夏の魔物に連れ去られ 僕のもとへ

(うまれたほしのもとがちがくたって)

生まれた星のもとが違くたって

(ぐうぜんとなつのまほうとやらのちからでぼくのものに)

偶然と夏の魔法とやらの力で僕のものに

(なるわけないか)

なるわけないか