北極星

投稿者ここち よいプレイ回数91
楽曲情報 北極星  ALvino  作詞翔太  作曲KOJI
難易度(3.6) 740打 歌詞 かな 長文モード可タグALvino 北極星 歌詞 J-POP
ALvinoの北極星の歌詞タイピングです
※このタイピングは「北極星」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(どこにいくのなにがほしいのなにひとつもわからないまま)

何処に行くの 何が欲しいの 何一つも分からないまま

(いつになればつよくなれるのそれだけさがした)

いつになれば 強くなれるの それだけ探した

(じぶんであるいたみちうずくまってたなにひとつつかむものもなかった)

自分で歩いた道 うずくまってた 何一つ掴むものもなかった

(いくつものほしがながれてもたったひとつだけうごかずにかがやいていた)

いくつもの星が流れてもたった一つだけ動かずに輝いていた

(ゆるがないものたったひとつかわらずにあるものひとつ)

揺るがないものたった一つ変わらずにあるもの一つ

(じぶんのなかにさがしていた)

自分の中に探していた

(なにがすきでなにがきらいかそんなこともひとつもいえず)

何が好きで 何が嫌いか そんな事も一つも言えず

(じかんだけがあたまのなかをとおりすぎていた)

時間だけが 頭の中を 通り過ぎていた

(じぶんのきもちひとつわからなくてひとめばかりきにしてあるいてた)

自分の気持ち一つ 分からなくて 人目ばかり気にして歩いてた

(うしろからなにをいわれてもゆびをさされてもつきとおすつよさがほしい)

後ろから何を言われても指をさされても突き通す強さが欲しい

(だれのためにいきているのかわからなくなるそのまえに)

誰の為に生きているのか分からなくなるその前に

(じぶんのしるしみつけにいこう)

自分のしるし見つけに行こう

(よるそらにうつるほしになんどもたしかめてた)

夜 空に 映る 星に 何度も確かめてた

(いくつものほしがながれてもたったひとつだけうごかずにかがやいていた)

いくつもの星が流れてもたった一つだけ動かずに輝いていた

(ゆるがないものたったひとつかわらずにあるものひとつ)

揺るがないものたった一つ変わらずにあるもの一つ

(じぶんのしるしみつけにいこう)

自分のしるし見つけに行こう

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

ここち よいのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971