ONE

投稿者素振りな素振りさん プレイ回数138
楽曲情報 ONE  ALTIMA  作詞黒崎 真音  作曲八木沼 悟志
灼眼のシャナⅢのED曲です。
※このタイピングは「ONE」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

米津玄師/Lemon

米津玄師/Lemon

米津玄師のLemonです

プレイ回数709272
歌詞かな1119打
紅蓮華

紅蓮華

鬼滅の刃のOP曲です!

プレイ回数66935
歌詞かな1038打
白日

白日

King Gnu/白日

プレイ回数48471
歌詞かな1598打
Pretender

Pretender

Official髭男dism/Pretender

プレイ回数94856
歌詞1330打
絶対にできるようになる タイピング

絶対にできるようになる タイピング

本当にできるようになります(事実)

プレイ回数156216
かな30秒
シャルル

シャルル

愛を 謳って。

プレイ回数339360
歌詞かな1065打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(つきとほしたちが、ぼくをてらしてるひのこまうじゅうたんのうえ)

月と星たちが、僕を照らしてる 火の粉舞う絨毯の上

(めのまえのきみは、あかくてらされて)

目の前の君は、紅く照らされて

(まっすぐなめをきらめかせた)

真っ直ぐな眼を煌めかせた

(ふたつのあしおと、とおけきかなたへすべてゆだねようとつげたことのは)

二つの足音、遠けき彼方へ 全て委ねようと告げた言ノ葉

(みらいへはばたく)

未来へ飛翔-はばたく-

(はっきりとむねつかみとったどういんそうこれはさいきょうのこうりん)

はっきりと胸つかみ取った動因 そうこれは最強の降臨

(ふたりこどうについじゅうしあうせんしどうしあいまもるならたたかいもひていにならないと)

二人鼓動に追従しあう戦士同士 愛守るなら戦いも否定にならないと

(いっくぶれずいんふんでいくあついみち)

一句ブレず韻踏んでいく熱い道

(すれちがい、いがみあったげんわくからときはなして)

すれ違い、いがみ合った 幻惑から解き放して

(たびだちへ、おもむくならもうこのてをはなしはしない)

旅立ちへ、赴くなら もうこの手を離しはしない

(はじめてみつめあったときをかわらず、いまもおぼえてる)

初めて見つめ合った時を 変わらず、今も覚えてる?

(まどろみのうずにのまれてもきえない、けせない、ぼくらのゆめ)

微睡みの渦にのまれても 消えない、消せない、僕らの証-ゆめ-

(tobeasone)

To be as ONE

(ほおにてのひらを、そえてわらったきみをまもりたいとおもった)

頬に掌を、添えて笑った君を 護りたいと思った

(とおまわりしたね、だけどきづいたきみのためにいきていたこと)

遠回りしたね、だけど気付いた 君の為に生きていた事

(ひかりのゆきがまいおりたそらへかけたつきとほしがよりそう)

光の雪が舞い降りた空へ 欠けた月と星が寄り添う

(ぼくらのえがいたものがたりこれからもずっとつづいてく)

僕らの描いた物語 これからもずっと続いてく

(ふしぎだね、すがたかたちまるでちがういきものでも)

不思議だね、姿かたち まるで違う生き物でも

(ひかれあい、もとめあったひとつにまじわったかげろう)

惹かれ合い、求め合った 一つに交わった陽炎

(きおくのつづらをひらいたら)

記憶の葛籠(つづら)を開いたら

(みおぼえのあるふれーず)

見覚えのある手紙-フレーズ-

(きりとったはずのこうけいとあつく、あつく、もえあがるふれいむ)

切り取った筈の光景と 熱く、篤く、燃え上がる炎-フレイム-

(tobeasone)

To be as ONE

(まよいないこえに、ちいさなかみきれもえつきてしまわぬように)

迷いない声に、小さな紙きれ 燃え尽きてしまわぬように

(わすれたくないよ、からだがきえてもきみのためにいきてたこと)

忘れたくないよ、体が消えても 君の為に生きてた事

(くろいぎんがをさまよったはてできみがくれたいっしょにいたい)

黒い銀河を彷徨った果てで 君がくれた「一緒にいたい」

(すべてゆだねるやくそくしたくちびるとくちびるかさねて)

全て委ねる約束した 唇と唇重ねて

(ほほにてのひらを、そえてわらったきみをまもりたいとおもった)

頬に掌を、添えて笑った君を 護りたいと思った

(とおまわりしたね、たどりついたんだきみとぼくはひとつだった)

遠回りしたね、辿りついたんだ 君と僕は一つだった

(まよいないこえに、ちいさなかみきれもえつきてしまわぬように)

迷いない声に、小さな紙きれ 燃え尽きてしまわぬように

(わすれはしないよ、からだがきえてもきみとともにいきてたこと)

忘れはしないよ、体が消えても 君と共に生きてた事

(ひかりのゆきがまいおりたそらへかけたつきとほしがよりそう)

光の雪が舞い降りた空へ 欠けた月と星が寄り添う

(ぼくらがえがくものがたりはこれからもつづくえいえんに)

僕らが描く物語は これからも続く永遠に

(はっきりとむねつかみとったどういんそうこれはさいこうのこうりん)

はっきりと胸つかみ取った動因 そうこれは最高の降臨

(ふたりこどうについじゅうしあうせんしどうしあいまもるならたたかいもひていにならないと)

二人鼓動に追従しあう戦士同士 愛守るなら戦いも否定にならないと

(いっくぶれずいんふんでいくこのみちのなかかさなった)

一句ブレず韻踏んでいく この道の中 重なった

(けつろんをしったせつなのなかただそのままときはなった)

結論を知った 刹那の中ただそのまま時は成った

(ひかりのゆきがふりしきるひかりのゆきがふりしきる)

光の雪が降りしきる 光の雪が降りしきる

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。