七月の夕景は君を恋う

投稿者てんプレイ回数76
楽曲情報 七月の夕景は君を恋う  作詞葵木ゴウ  作曲葵木ゴウ
難易度(2.4) 1269打 歌詞 かな 長文モード可タグ七月の夕景は君を恋う 音街ウナ 初音ミク 葵木ゴウ ボカロ
七月の夕景は君を恋う / 音街ウナ
※このタイピングは「七月の夕景は君を恋う」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はるかそらのかなたからどうかきみへ)

遥か空の彼方から どうか君へ

(わすれたいとすがったゆうけいよりつたえたいことがある)

「忘れたい」と縋った夕景より 伝えたい事がある

(へたくそだけどかんべんな)

下手くそだけど勘弁な

(じゃないときみはそうやってないたままだ)

じゃないと君はそうやって泣いたままだ

(あのひにとらわれたままなのだ)

あの日に囚われたままなのだ

(ぼくらのなつをおわりにしよう)

僕らの夏を終わりにしよう

(つゆあけのにゅーす)

梅雨明けのニュース

(まえがみがうねる)

前髪がうねる

(それをゆびさしてわらう)

それを指差して笑う

(きみもたいさないのに)

君も大差ないのに

(おんぼろのちゃりに)

オンボロのチャリに

(ふざけたなまえをつけて)

ふざけた名前をつけて

(にけつでかけだした)

ニケツで駆け出した

(しちがつのゆうぐれ)

七月の夕暮れ

(であいもわかれもまなつのげりらのよう)

出会いも別れも真夏のゲリラのよう

(みなれたふうけいもほんのすうびょうで)

見慣れた風景もほんの数秒で

(そのすがたをかえることでしょう)

その姿を変えることでしょう

(せつなてきだったとはいえ)

刹那的だったとはいえ

(これまでのきせきをおもいでってことばでしかけいようできなくて)

これまでの軌跡を"思い出"って言葉でしか形容できなくて

(そのじじつにはきそうだ)

その事実に吐きそうだ

(むこうのにゅうどうぐもはもうきみにあえないとさとったぼくのこころ)

向こうの入道雲はもう君に会えないと悟った僕の心

(もうそんなかおでなくなきみよ)

もうそんな顔で泣くな 君よ

(すきだっていってたわるたいぷのあいすも)

好きだって言ってた割るタイプのアイスも

(きみがぜんぶたべていいんだよ)

君が全部食べていいんだよ

(あじもすきにしな)

味も好きにしな

(らいねんのなつもはんぶんこずつね)

「来年の夏もはんぶんこずつね」

(そんなささいなやくそくもはたせないのだ)

そんな些細な約束も果たせないのだ

(もう)

もう

(じかんのながれはようしゃなくて)

時間の流れは容赦なくて

(おもいでやくそくもほどけて)

"思い出""約束"も解けて

(ただそれはそうあるべきで)

ただ、それはそうあるべきで

(わかってるのにね)

分かってるのにね

(あらたなであいもあるでしょう)

新たな出会いもあるでしょう

(しょうじきたえがたいよ)

正直、耐え難いよ

(でもきみがわらえるみらいがいいよ)

でも 君が笑える未来がいいよ

(あめがふる)

雨が降る

(かいぐいしたいきつけのだがしやも)

買い食いした行き付けの駄菓子屋も

(さびれただいいちこうえんもきすも)

寂れた第一公園もキスも

(えきしゃもこうていも)

駅舎も校庭も

(すべてあらいながすんだ)

全て洗い流すんだ

(このてんきあめがぼくのせいいっぱいだ)

この天気雨が僕の精一杯だ

(わすれたいってそのかんじょうもそうだ)

「忘れたい」ってその感情もそうだ

(にもつになるから)

荷物になるから

(ほらどうしたはやくいけ)

ほら、どうした 早く行け

(もうにどとたちどまるなふりかえるな)

もう二度と立ち止まるな 振り返るな

(やがてしちがつのむこうへかけだしたせにてをふった)

やがて七月の向こうへ駆け出した背に手を振った

(このゆうけいのあかはまだきみにこいこがれるぼくのねつじょうのいろ)

"この夕景の赤はまだ君に恋い焦がれる僕の熱情の色"

(もうきいちゃいないよな)

もう聞いちゃいないよな

(さらばきみよ)

さらば 君よ

(ありしなつよ)

在りし夏よ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

てんのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971