夏に去りし君を想フ

投稿者玉兎プレイ回数558
楽曲情報 夏に去りし君を想フ  影縫 英  作詞むぅ  作曲BAKER
難易度(3.0) 837打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 ボカロ
「夏に去りし君を想フ」のタイピングゲームです
音楽を流しながらするのもいいと思います。
暇つぶしにでもどうぞ……。
※このタイピングは「夏に去りし君を想フ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あめのきせつがすぎすみわたるそらをながめてひとりおもう)

雨の季節が過ぎ澄み渡る空を眺めて独り想フ

(きっときみとのきょりはもう)

きっと君との距離はもう

(あのくものようにとおくなってしまった)

あの雲のように遠くなってしまった

(おもいだしていたあのことば)

思い出していたあの言葉

(ふゆはいいけどなつはいや)

冬は良いけど夏は嫌

(いとしくおもうほど あなたはくるしんだ)

愛しく想う程 貴女は苦しんだ

(そうぼくもおなじ)

そう僕も同じ

(うしなうこわさときえないきもち)

失う恐さと消えない気持ち

(まるではりねずみのじれんま)

まるで針鼠のジレンマ

(さようなら)

さようなら

(あかのきせつがすぎすみきったそらはつめたいかぜをはこぶ)

朱の季節が過ぎ澄み切った空は冷たい風を運ぶ

(ずっときみとのひびはもう)

ずっと君との日々はもう

(もどるはずもないそうあきらめていた)

戻るはずもないそう諦めていた

(もどってきたんだきみはいう)

戻って来たんだ君は言う

(さむいよるはよりそいたい)

寒い夜は寄り添いたい

(さびしくこごえそうなときにはともにいたそうきみとおなじ)

寂しく凍えそうな時には共に居たそう君と同じ

(にどめのなつがちかづいたこのままではあやまちをくりかすだけだろう)

二度目の夏が近づいたこのままでは過ちを繰り返すだけだろう

(いつまでつづくきみとのこい)

いつまで続く君との恋

(わずらわしくなるきみのたいおん)

煩わしくなる君の体温

(あなたのきもちわかってきたよ)

貴女の気持ち分かってきたよ

(ふゆだけのこいあついよるはねぐるしい)

冬だけの恋暑い夜は寝苦しい

(さびしくこごえそうなときだけともにいた)

寂しく凍えそうな時だけ共に居た

(そうきみもおなじ)

そう君も同じ

(ことしもなつがちかづいたこのままではあやまちをくりかえすだけ)

今年も夏が近づいたこのままでは過ちを繰り返すだけ

(いとしくおもうほどあなたはくるしんだ)

愛しく想う程貴女は苦しんだ

(そうぼくもおなじ)

そう僕も同じ

(けれどいつかふたりはだかでむきあえるひが)

けれどいつか二人裸で向き合える日が

(きっとくるはず)

きっと来るはず

(えーあーるぴーけー)

ARPK

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。