読書カ、のばそう!!題名「幽霊の出るY学園」

投稿者YamanaKentaプレイ回数746
ヤマケンです!今回は幽霊の出るY学園の物語をタイピングします!
チョコレート工場はなんでしょうね?
2巻へ続く…

作者hana-y
https://scratch.mit.edu/projects/415304686/
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ぷにょ69 3584 読書部員 3.7 95.4% 477.9 1799 86 50 2020/10/11
2 choko 2185 読書読める 2.3 92.3% 752.1 1792 148 50 2020/10/19

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(だいいっしょうぼくたちはyspくらぶ)

第1章 僕たちはyspクラブ

(ぼくはたまだまたろう。yがくえんの1ねんせいでyspくらぶのぶいんだ。)

僕は玉田マタロウ。y学園の1年生でyspクラブの部員だ。

(あるひ、がくえんちょうからのよびだしがあったので)

ある日、学園長からの呼び出しがあったので

(ぼくとじんぺいくん、こまくんとふぶきさんでがくえんちょうしつへむかった。)

僕とジンペイ君、コマ君とフブキさんで学園長室へ向かった。

(「きみたちにおねがいがある。むすめのえまをすくってくれんか!?」)

「君たちにお願いがある。娘のエマを救ってくれんか!?」

(「え?またえまさん、なにかにとりつかれたんですか?」)

「え?またエマさん、何かに取りつかれたんですか?」

(そういったのはふぶきさんだ。)

そういったのはフブキさんだ。

(じつはえまさんはまえにも、おんりょうにとりつかれたことがある。)

実はエマさんは前にも、怨霊に取りつかれたことがある。

(「ん?なんだあれ?」)

「ん?何だあれ?」

(じんぺいくんがゆびさしたほうがくにはなるほど、ぎょうれつがまどがらすのむこうにあった。)

ジンペイ君が指さした方角にはなるほど、行列が窓ガラスの向こうにあった。

(だいにしょうくじのとおり)

第2章 くじの通り

(ぎょうれつにならんだぼくたちだったが、れつがながすぎてこまっていた。)

行列に並んだ僕たちだったが、列が長すぎて困っていた。

(「ん?なんだあれ?」)

「ん?何だあれ?」

(じんぺいくんがぎょうれつをゆびさしたとき。)

ジンペイ君が行列を指さしたとき。

(「あれはちゃりーうぇいのちょこれーとこうじょうです。」)

「あれは茶李威のチョコレート工場です。」

(えまさんがいいんかいのしごとをおえてかえってきたのだ。)

エマさんが委員会の仕事を終えてかえってきたのだ。

(そのとたん、がくえんちょうのかおがいっきにかわった。)

そのとたん、学園長の顔が一気に変わった。

(「え~ま~きてたのか」)

「エ~マ~来てたのか」

(「だってじぶんからいわなきゃ・・・」)

「だって自分から言わなきゃ…」

(「さすがわがむすめ~」)

「さすがわが娘~」

など

(「あいかわらず、むすめおもいのがくえんちょう・・・」)

「相変わらず、娘思いの学園長…」

(ふぶきさんのためいきがきこえたのは、ぼくだけだった。)

フブキさんのため息がきこえたのは、僕だけだった。

(というわけでちゃりーうぇいのちょこれーとこうじょうにいくことになったのが・・・)

というわけで茶李威のチョコレート工場に行くことになったのが…

(そのちょこれーとこうじょうまでのみちのりがとてつもなかった。)

そのチョコレート工場までの道のりがとてつもなかった。

(やまこえたにこえあまぞんこえうみこえ・・・って!)

山こえ谷こえアマゾンこえ海こえ…って!

(「ここ、がくえんのしきちなんだよね!?)

「ここ、学園の敷地なんだよね!?

(なんでちょこれーとこうじょうにいくのにうみこえるの!?」)

何でチョコレート工場に行くのに海こえるの!?」

(ぼくはおもわずさけんでしまったが、)

僕は思わず叫んでしまったが、

(こまくんとじんぺいくんはぼくのこえをむししてうみにはいっていってしまった。)

コマ君とジンペイ君は僕の声を無視して海に入って行ってしまった。

(そしてやっと・・・)

そしてやっと…

(ちょこれーとこうじょうについたころはぼくたちはとてもつかれていた。)

チョコレート工場に着いたころは僕たちはとてもつかれていた。

(まえのひとがおわり、ぼくたちはまえへすすみ・・・)

前の人が終わり、僕たちは前へ進み…

(「「ほぉーちゅんびたーぶらっくくーださい。」」)

「「ホォーチュンビターブラックくーださい。」」

(といったしゅんかん・・・)

といった瞬間…

(どばーん!)

ドバーン!

(「「いってぇ~!」」)

「「いってぇ~!」」

(「きょうのほぉーちゅんびたーぶらっくはうりきれよ。」)

「今日のホォーチュンビターブラックは売り切れよ。」

(てんちょうさんのちゃりーうぇいさんがかおをかうんたーからだした。)

店長さんの茶李威さんが顔をカウンターから出した。

(「「「「ええ~」」」」)

「「「「ええ~」」」」

(みんながっくりんことかたをおとしてかえっていった。)

みんなガックリんこと肩を落として帰っていった。

(が、ぼくたちだけはちがった。)

が、僕たちだけは違った。

(なんどもなんどもたのんでみたが、ちゃりーうぇいさんはききそうにない。)

何度も何度も頼んでみたが、茶李威さんは聞きそうにない。

(すると、)

すると、

(「かぷっ」)

「カプッ」

(じんぺいくんがかめのふりをしてちゃりーうぇいさんのふくのそでにかみついたのだ)

ジンペイ君が亀のふりをして茶李威さんの服の袖に噛みついたのだ

(「なんなのいったいこのかめは?」)

「何なの一体この亀は?」

(するとこんどはこまくんが、)

すると今度はコマ君が、

(「おじちゃん、そうやってもいみないよ。)

「おじちゃん、そうやっても意味ないよ。

(そのかめはちょこをわたすまではなさないんだ。」)

その亀はチョコを渡すまで離さないんだ。」

(「えっ、そうなの?」)

「えっ、そうなの?」

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

YamanaKentaのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード