ハルジオン(YOASOBI)

投稿者さとうさいかプレイ回数00
楽曲情報 ハルジオン  YOASOBI  作詞Ayase  作曲Ayase
難易度(1.9) 1144打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 音楽 タイピング
ハルジオン/YOASOBI 全文、区切れ多め
ハルジオンいっぱいあるんですけど納得の行く歌詞の区切れ方してるやつなかったんで作っちゃいました
※このタイピングは「ハルジオン」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(すぎてゆくときのなか)

過ぎてゆく時間の中

(あなたをおもいだす)

あなたを思い出す

(ものうげに)

物憂げに

(ながめるがめんにうつったふたり)

眺める画面に映った二人

(わらっていた)

笑っていた

(しりたくないほど)

知りたくないほど

(しりすぎてくこと)

知りすぎてくこと

(ただすぎるひびに)

ただ過ぎる日々に

(のみこまれたの)

呑み込まれたの

(それでもただ)

それでもただ

(もういちどだけあいたくて)

もう一度だけ会いたくて

(あなたのことばに)

あなたの言葉に

(うなずきしんじたわたしを)

頷き信じた私を

(ひとりおきざりに)

一人置き去りに

(ときはすぎる)

時間は過ぎる

(みえていたはずの)

見えていたはずの

(みらいもゆびのすきまをすりぬけた)

未来も指の隙間をすり抜けた

(もどれないひびのかけらと)

戻れない日々の欠片と

(あなたのけはいを)

あなたの気配を

(いまでもさがしてしまうよ)

今でも探してしまうよ

(まだあのひのふたりにてをのばしてる)

まだあの日の二人に手を伸ばしてる

(きょうかいせんはじぶんでひいた)

境界線は自分で引いた

(げんじつはってみないふりをしていた)

「現実は」って見ないフリをしていた

(そんなわたしじゃ)

そんな私じゃ

(みえないみえない)

見えない見えない

(きょうかいせんのむこうにさいた)

境界線の向こうに咲いた

(せんれつなはなたちも)

鮮烈な花達も

(ほんとうはみえてたのに)

本当は見えてたのに

(しらずしらずのうちに)

知らず知らずの内に

(すりへらした)

擦り減らした

(こころのとびらにかぎをかけたの)

心の扉に鍵をかけたの

(そこにはただ)

そこにはただ

(うつくしさのない)

美しさの無い

(わたしだけがのこされていた)

私だけが残されていた

(あおすぎるそらに)

青過ぎる空に

(めのおくがしみた)

目の奥が染みた

(あのひのけしきに)

あの日の景色に

(とりにかえるの)

取りに帰るの

(あなたがすきだといってくれたわたしを)

あなたが好きだと言ってくれた私を

(だれにもみせずに)

誰にも見せずに

(このてで)

この手で

(かくしたおもいが)

隠した想いが

(いまもわたしのなかでいきている)

今も私の中で生きている

(めをとじてみれば)

目を閉じてみれば

(いまもあざやかによみがえるけしきと)

今も鮮やかに蘇る景色と

(もどれないひびのかけらが)

戻れない日々の欠片が

(うつしだしたのは)

映し出したのは

(つぼみのままとじこめたみらい)

蕾のまま閉じ込めた未来

(もういちどえがきだす)

もう一度描き出す

(あのひのあなたのことばと)

あの日のあなたの言葉と

(うつくしいときと)

美しい時間と

(ふたりですごしたあのけしきが)

二人で過ごしたあの景色が

(わすれてたおもいと)

忘れてた想いと

(なくしたはずの)

失くしたはずの

(みらいをつないでいく)

未来を繋いでいく

(もどれないひびのつづきを)

戻れない日々の続きを

(あるいていくんだ)

歩いていくんだ

(これからも)

これからも、

(あなたがいなくても)

あなたがいなくても

(あのひのふたりにてをふれば)

あの日の二人に手を振れば

(たしかにうごきだした)

確かに動き出した

(みらいへ)

未来へ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。