砂の迷路

投稿者塩の信者プレイ回数48
楽曲情報 砂の迷路  寺尾 聰  作詞有川 正沙子  作曲寺尾 聰
難易度(2.9) 662打 歌詞 かな 長文モード可タグ寺尾聡 砂の迷路 80年代 邦楽
寺尾聡さんの砂の迷路のタイピングです。
幻想的なイントロが大好きです。ファンの方はぜひ!
※このタイピングは「砂の迷路」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(むらさきいろしたあさひのまえのしずけさ)

紫色した 朝陽の前の静けさ

(まどがきりとるよあけのまちなみに)

窓が切りとる夜明けの街並に

(きのうまでのつかれをなげかける)

昨日までの疲れを 投げかける

(なにもいわずまぶたとじてかぜをきいてる)

何も言わず 瞼閉じて 風を聴いてる

(ときはまるですなのめいろさまようおれさ)

時はまるで 砂の迷路 徘徊う俺さ

(こずえのざわめきひかりのかけらおどって)

梢のざわめき 光のかけら踊って

(ぺんをはしらすだれかのまなざしに)

ペンを走らす 誰かのまなざしに

(なつかしいひとたちがよみがえる)

懐しい人達が 甦る

(なにもいわずまぶたとじてかぜをきいてる)

何も言わず 瞼閉じて 風を聴いてる

(ときはまるですなのめいろさまようおれさ)

時はまるで 砂の迷路 徘徊う俺さ

(とおくでひびいたきてきがさそうおもかげ)

遠くで響いた 汽笛が誘う面影

(あいすることはいつでもまぼろしで)

愛することは いつでも幻で

(きずをかわすことだけうまくなる)

傷をかわすことだけ 上手くなる

(なにもいわずまぶたとじてかぜをきいてる)

何も言わず 瞼閉じて 風を聴いてる

(ときはまるですなのめいろさまようおれさ)

時はまるで 砂の迷路 徘徊う俺さ

(とばりがおりればかすかなほしをもとめて)

帳帷が降りれば 微かな星を求めて

(ゆけるとこまでゆくのがのぞみでも)

行けるとこまで行くのが 希みでも

(ゆっくりとかろやかにあるきたい)

ゆっくりと 軽やかに歩きたい

(なにもいわずまぶたとじてかぜをきいてる)

何も言わず 瞼閉じて 風を聴いてる

(ときはまるですなのめいろさまようおれさ)

時はまるで 砂の迷路 徘徊う俺さ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

塩の信者のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971