シーグラス/Saucy Dog

投稿者pk___a5プレイ回数236  順位2513位
楽曲情報 シーグラス  Saucy Dog  作詞石原慎也  作曲Saucy Dog
難易度(3.1) 1328打 歌詞 かな 長文モード可タグ音楽 バンド 邦ロック Saucy Dog
あのね、海岸線 覚えてる?
Saucy Dog 2020年9月2日発売 アルバム「テイクミー」より
※このタイピングは「シーグラス」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ちいまる 5028 B+ 5.3 94.5% 249.0 1328 76 40 2020/10/14
2 無印 3419 D 3.8 89.2% 338.9 1318 159 40 2020/10/08

関連タイピング

  • 恋人ごっこ/マカロニえんぴつ

    恋人ごっこ/マカロニえんぴつ

    マカロニえんぴつの恋人ごっこという曲です。

    プレイ回数4509
    歌詞かな849打
  • キンモクセイ

    キンモクセイ

    キンモクセイ/オレンジスパイニクラブ

    プレイ回数2628
    歌詞かな1286打
  • いつか

    いつか

    Saucy Dog の『いつか』です!!

    プレイ回数3501
    歌詞かな1132打
  • ブルーベリー・ナイツ

    ブルーベリー・ナイツ

    マカロニえんぴつ ブルーベリー・ナイツ

    プレイ回数3653
    歌詞1001打
  • 春愁

    春愁

    春愁/Mrs.GREEN APPLE

    プレイ回数1915
    歌詞かな889打
  • 曇天

    曇天

    DOES

    プレイ回数45052
    歌詞かな523打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あのね、かいがんせんおぼえてる)

あのね、海岸線 覚えてる?

(はじまりはあそこからねこかぶってだまったまま)

はじまりはあそこから 猫被って黙ったまま

(うみをながめていたんだ)

海を眺めていたんだ

(きみのうなじにみつけたあるびの)

君のうなじに見つけたアルビノ

(しろくすきとおったまどのよう)

白く透き通った窓のよう

(あるひのあくびときれいなよこがお)

ある日の欠伸と綺麗な横顔

(ふたりでみあげたあるみごうしの)

ふたりで見上げたアルミ格子の

(ふきぬけとすじぐも)

吹き抜けとすじ雲

(きゅうじつのねむたそうなきみにおはよう)

休日の眠たそうな君におはよう

(まぶたをとじたままでりゆうなんかはなくていいよ)

瞼を閉じたままで理由なんかは無くていいよ

(かーてんのすきまからさしこんだあさが)

カーテンの隙間から差し込んだ朝が

(まぶしすぎてつぶったひとみそのままねむりにおちて)

眩しすぎて瞑った瞳 そのまま眠りに落ちて

(ゆめうつつかすかにきこえるねいきさえも)

夢現 微かに聞こえる寝息さえも

(いとおしくてはかないねわすれたくないことがおおすぎて)

愛おしくて 儚いね 忘れたくない事が多過ぎて

(むねのなかたいせつにしまっておくよ、ずっと)

胸の中大切に仕舞っておくよ、ずっと

(このまま)

このまま

(ねぼけたままでしーつにくるまるみのむし)

寝ぼけたままでシーツに包まるミノムシ

(すねたかおもいとおしい)

拗ねた顔も愛おしい

(ひるすぎのあさめしのあとはうみへいこう)

昼過ぎの朝飯の後は海へ行こう

(ちかづくしおかぜべたついたてとて)

近づく潮風 ベタついた手と手

(かみのけはぱさぱさ)

髪の毛はパサパサ

(そんなのきにしないのもきみらしいね)

そんなの気にしないのも君らしいね

(なみどめのうえのきみをおちないようににぎったて)

波止めの上の君を 落ちない様に握った手

(あぶなげなよこがおになぜかむねがつまる)

危なげな横顔に 何故か胸がつまる

(かぜをきってはばたいてみせるむじゃきなきみをみあげて)

風を切って羽ばたいて見せる 無邪気な君を見上げて

(あのひからきょうまでをおもいだしているけど)

あの日から今日までを思い出しているけど

(なんだかはかないねわすれたくないことがおおすぎて)

なんだか 儚いね 忘れたくないことが多すぎて

(むねのなかにたいせつにしまっておくよ、ずっと)

胸の中に大切に仕舞っておくよ、ずっと

(さよなら)

サヨナラ

(あのね、かいがんせんおぼえてるはじまりはそこから)

“あのね、海岸線 覚えてる?はじまりはそこから

(ねこかぶってなつかしいね、ぜんぶたいせつなの)

猫被って懐かしいね、全部大切なの”

(でもね、わたしたちきょうまででおわかれ。またいつかね。)

でもね、私たち今日まででお別れ。またいつかね。

(ゆうひのかげきみはさいごどんなかおしてた)

夕日の影 君は最後 どんな顔してた?

(じゃあねこれからふたりべつべつをあゆむけど)

「じゃあね」これからふたり別々を歩むけど

(けんかしたひびすらもうすれてしまうくらいにさ)

喧嘩した日々すらも薄れてしまうくらいにさ

(なんどもふりかえるきみとさいごのうみをかさねて)

何度も振り返る君と 最後の海を重ねて

(しあわせなひびだけをおもいだしてしまうんだ)

幸せな日々だけを思い出してしまうんだ

(いとしくてはかないねわすれたくないことがおおすぎて)

愛しくて”儚いね”忘れたくない事が多過ぎて

(むねのなかたいせつにしまっておくよ、ずっと)

胸の中大切に仕舞っておくよ、ずっと

(このまま)

このまま