外郎売り

投稿者のんプレイ回数31
難易度(4.2) 3799打 長文 かなタグ外郎売り 早口言葉 激ムズ
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 1 3014 E++ 3.6 85.7% 1071.3 3874 645 68 2020/09/27

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(せっしゃおやかたともうすはおたちあいのうちにごぞんじのおかたもござりましゃうが)

拙者 親方と申すは お立合のうちに 御存じのお方も ござりましゃうが

(おえどをたってにじゅうりかみがた そうしゅうおだわらいしきまちをおすぎなされて)

お江戸を発って 二十里上方 相州小田原 一色町を お過ぎなされて

(あおものちょうをのぼりへおいでなさるれば)

青物町を 登りへおいでなさるれば

(らんかんばしとらやとうえもんただいまはていはついたしてえんさいとなのりまする)

欄干橋 虎屋藤右衛門 只今は 剃髪致して 円斎 と 名乗りまする

(がんちょうよりおおつごもりまでおてにはいれまするこれのくすりは)

元朝より 大晦日まで お手に入れまする 此の薬は

(むかしちんのくにのとうじんういろうというひとわがちょうへきたり)

昔 珍の国の唐人 外郎といふ人 わが朝へ来たり

(みかどへさんだいのおりからこのくすりをふかくこめおきもちゆるときはいちりゅうずつ)

帝へ参内の折から この薬を 深くこめ置き 用ゆる時は 一粒ずつ

(かんむりのすきまよりとりいだすよってそのなをみかどよりとう、ちん、こうとたまわる)

冠のすき間より 取り出す 依って その名を 帝より 透頂香 と 賜る

(すなわちもんじにはいただきすくにおいとかいてとう、ちん、こうともうす)

即ち 文字には 頂き 透く 香い と 書いて とう、ちん、こう と 申す

(ただいまはこのくすりことのほかせじょうにひろまりほうぼうににせかんばんをいだし)

只今は この薬 殊の外 世上に弘まり 方々に似看板を出し

(いやおだわらのはいだわらのさんだわらのすみだわらのといろいろにもうせども)

イヤ 小田原の 灰俵の さん俵の 炭俵 のと 色々に 申せども

(ひらがなをもってういろうとしるせしはおやかたえんさいばかり)

平仮名をもって ういらう と記せしは 親方円斎ばかり

(もしやおたちあいのうちにあたみかとうのさわへとうじにおいでなさるか)

もしやお立合の中に 熱海か塔ノ沢へ 湯治においでなさるか

(またはいせさんぐうのおりからはかならずかどちがいなされまするな)

又は伊勢参宮の折からは 必ず門違い なされまするな

(おのぼりならばみぎのかたおくだりなればひだりがわはっぽうがやつむねおもてがみつむねぎょくどうづくり)

お登りならば右のかた お下りなれば左側 八方が八つ棟表が三つ棟 玉堂造り

(はふにはきくにきりのとうのごもんをごしゃめんあってけいずただしきくすりでござる)

破風には 菊に桐の薹の 御紋を 御赦免あって 系図正しき薬でござる

(いやさいぜんよりかめいのじまんばかりもうしても)

イヤ 最前より 家名の自慢ばかり 申しても

(ごぞんじないかたにはしょうしんのこしょうのまるのみしらかわよふね)

御存じない方には 正真の胡椒の丸呑 白川夜船

(さらばいちりゅうたべかけてそのきみあいをおめにかけましょう)

さらば 一粒食べかけて その気味合を お目にかけましゃう

(まずこのくすりをかようにひとつぶしたのうえにのせましてふくないへおさめますると)

まず この薬を かやうに一粒 舌の上に 乗せまして 腹内へ 納めますると

など

(いやどうもいえぬはいしんはいかんがすこやかになって)

イヤ だうも云へぬは 胃 心 肺 肝が すこやかになって

(くんぷう のんどよりきたり こうちゅう びりょうをしょうずるがごとし)

薫風 咽より来たり 口中 微涼を生ずるが如し

(ぎょちょうきのこめんるいのくいあわせそのほかまんびょうそっこうあることかみのごとし)

魚鳥 茸 麺類の食合せ 其の外 万病 速効ある事 神の如し

(さてこのくすりだいいちのきみょうにはしたのまわることがぜにごまがはだしでにげる)

さて この薬 第一の 奇妙には 舌のまはることが 銭独楽がはだしで逃げる

(ひょっとしたがまわりだすとやもたてもたまらぬじゃ)

ひょっと舌が まはり出すと 矢も楯も たまらぬじゃ

(そりゃそりゃそらそりゃまはってきたわまはってくるわ)

そりゃそりゃ そらそりゃ まはってきたわ まはってくるわ

(あわやのんどさたらなしたにかげさしおんはまのふたつはくちびるのけいちょう)

アワヤ咽 サタラナ舌に カ牙サ歯音 ハマの二つは 唇の軽重

(かいごうさわやかにあかさたなはまやらわおこそとのほもよろを)

開口さわやかに あかさたなはまやらわ おこそとのほもよろを

(ひとつへぎへぎにへぎほしはじかみぼんまめぼんごめぼんごぼう)

一つへぎへぎに へぎほしはじかみ 盆豆 盆米 盆ごぼう

(つみたでつみまめつみさんしょうしょしゃざんのしゃそうじょう)

摘蓼 摘豆 摘山椒 書写山の 写僧正

(こごめのなまがみこごめのなまがみこんこごめのこなまがみしゅすひじゅすしゅすしゅちん)

粉米の生噛み 粉米の生噛み こん粉米のこ生噛み 繻子 緋繻子 繻子 繻珍

(おやもかへいこもかへいおやかへいこかへいこかへいおやかへい)

親も嘉兵衛 子も嘉兵衛 親嘉兵衛子嘉兵衛 子嘉兵衛親嘉兵衛

(ふるくりのきのふるきりくちあまがっぱかばんがっぱか)

ふる栗の木の 古切口 雨合羽か 番合羽か

(きさまのきゃはんもかわぎゃはんわれらがきゃはんもかわぎゃはん)

貴様の脚絆も 皮脚絆 我らが脚絆も 皮脚絆

(しっかわばかまのしっぽころびをみはりはりながに)

しっかは袴の しっぽころびを 三針針中に

(ちょっとぬうてぬうてちょっとぶんだせ かわらなでしこのせきちく)

ちょっと縫うて 縫うて ちょっと ぶんだせ 河原撫子 野石竹

(のらにょらいのらにょらいみのらにょらいにむのらにょらい)

のら如来 のら如来 三のら如来に 六のら如来

(ちょとさきのおこぼとけにおけつまづきゃるなほそみぞにどじょうにょろり)

一寸先の お小仏に おけつまずきやるな 細溝に 泥鰌 にょろり

(きょうのなまだらならなままながつおちょとしごかんめ)

京の なま鱈 奈良 なままな鰹 ちょと四、五貫目

(おちゃたちょちゃたちょちゃっとたちょちゃたちょ)

お茶立ちょ 茶立ちょ ちゃっと立ちょ 茶立ちょ

(あおだけちゃせんでおちゃちゃっとたちゃ)

青竹 茶筅で お茶ちゃっと 立ちゃ

(くるわくるわなにがくるこうやのやまのおこけらこぞう)

来るわ 来るわ 何が来る 高野の山の おこけら小僧

(たぬきひゃっぴきはしひゃくぜんてんもくひゃっぱいぼうはっぴゃっぽん)

狸百匹 箸百膳 天目百杯 棒八百本

(ぶぐばぐぶぐばぐみぶぐばくあわせてぶぐばぐむぶぐばぐ)

武具 馬具 武具 馬具 三武具馬具 合わせて 武具 馬具 六武具馬具

(きくくりきくくりみきくくりあわせてきくくりむきくくり)

菊 栗 菊 栗 三菊栗 合わせて 菊 栗 六菊栗

(むぎごみむぎごみみむぎごみあわせてむぎごみむむぎごみ)

麦 ごみ 麦 ごみ 三麦ごみ 合わせて 麦 ごみ 六麦ごみ

(あのなげしのながなぎなたはたがながなぎなたぞ)

あの 長押しの 長薙刀は 誰が長薙刀ぞ

(むこうのごまがらはえのごまがらかまごまがらか)

向うの 胡麻殻は 荏の胡麻殻か 真胡麻殻か

(あれこそほんのまごまがらがらぴいがらぴいかざぐるま)

あれこそほんの 真胡麻殻 がらぴいがらぴい 風車

(おきゃがれこぼしおきゃがれこぼしゆんべもこぼしてまたこぼした)

おきゃがれ小法子 おきゃがれ小法子 ゆんべもこぼして 又こぼした

(たあぷぽぽたあぷぽぽちりからちりからつったっぽたっぽたっぽ)

たあぷぽぽ たあぷぽぽ ちりから ちりから つったっぽ たっぽたっぽ

(いっちょだこおちたらにてくおにてもやいてもくわれぬものはごとくてっきゅう)

一丁だこ 落ちたら煮て食お 煮ても焼いても 食われぬものは 五徳 鉄灸

(かなぐまどうじにいしぐまいしもちとらぐまとらきす)

かな熊童子に 石熊 石持 虎熊 虎きす

(なかにもとうじのらしょうもんにはいばらきどうじがうでぐりごんごうつかんでおんしゃる)

中にも 東寺の 羅生門には 茨木童子が うで栗五合 つかんでおむしゃる

(かのらいこうのひざもとさらずふなきんかんしいたけさだめてごだんな)

かの 頼光の 膝元去らず 鮒 きんかん 椎茸 定めて後段な

(そばきりそうめんうどんかぐどんなこしんぼち)

そば切り さうめん うどんか 愚鈍な 小新発知

(こだなのこしたのこおけにこみそがこあるぞこじゃくしこもってこすくって こよこせ)

小棚のこ下の小桶に こ味噌がこ有るぞ 小杓子こ持って こすくってこよこせ

(おっとがてんだこころえたんぼのかわさきかながわほどがやとつかははしっていけば)

おっと合点だ 心得たんぼの 川崎 神奈川 程ヶ谷 戸塚は 走って行けば

(やいとをすりむくさんりばかりかふじさわひらつかおおいそがしやこいそのしゅくを)

やいとを摺りむく 三里ばかりか 藤沢 平塚 大磯がしや 小磯の宿を

(ななつおきしてそうてんそうそうそうしゅうおだわらとう、ちん、こう)

七つ起きして 早天早々 相州小田原 とう、ちん、こう

(かくれござらぬきせんくんじゅのはなのおえどのはなういろう)

隠れござらぬ 貴賤群衆の 花のお江戸の 花ういらう

(あれあのはなをみておこころをおやわらぎやという)

あれ あの花を 見て お心を おやわらぎや という

(うぶこはうこにいたるまでこのういろうのごひょうばんごぞんじないとは)

産子 這子に 至るまで この外郎の 御評判 御存じないとは

(もうされまいまいつぶりつのだせぼうだせぼうぼうまゆに)

申され まいまいつぶり 角出せ 棒出せ ばうばう眉に

(うすきねすりばちばちばちぐわらぐわらぐわらとはめをはずして)

臼 杵 すりばち ばちばち ぐわらぐわらぐわらと 羽目をはずして

(こんにちおいでのいずれもさまにあげねばならぬうらねばならぬといきせいひっぱり)

今日おいでの いずれも様に 上げねばならぬ売らねばならぬと息せい引っぱり

(とうほうせかいのくすりのもとじめやくしにょらいもしょうらんあれと)

東方世界の 薬の元〆 薬師如来も 照覧あれと

(ほほうやまってういろうはいらっしゃりませぬか)

ホホ 敬って 外郎は いらっしゃりませぬか

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。