Edel Lilie

背景
投稿者投稿者舞台創造科いいね3お気に入り登録
プレイ回数1183難易度(2.7) 1198打 歌詞 かな 長文モード可
楽曲情報 EDEL LILIE  一柳隊  作詞安藤 紗々  作曲俊龍
「アサルトリリィ BOUQUET」ED
命が感じられる素晴らしい曲です。
※このタイピングは「EDEL LILIE」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はなはりりしくそだちやがてとびらをたたくの)

花は凛々しく育ち やがて扉を叩くの

(とおざけてもとおざけても)

遠ざけても 遠ざけても

(ひきあうさだめにいのちをくゆらせ)

惹き合う運命(さだめ)に 命を燻らせ

(わたしたちのひかりはなて)

私たちの光 放て

(なにげないにちじょうはまどべによりかかる)

何気ない日常は 窓辺に寄りかかる

(しずかなこもれびのようで)

静かな木漏れ日のようで

(あなたのすんだめにときさえうばわれこころは)

あなたの澄んだ目に 時さえ奪われ心は

(もえてもえてあつくなるの)

燃えて 燃えて 熱くなるの

(だれかのためにたたかうってこと)

誰かのために 戦うってこと

(それがすべてきずあとがそうさけんでるよ)

それが すべて 傷跡がそう叫んでるよ

(いのちかんじるほどにむねがひりひりといたむ)

イノチ 感じるほどに 胸がひりひりと痛む

(ちかづいてもちかづいても)

近付いても 近付いても

(ふれあうこころいてつくように)

触れ合う心 凍てつくように

(はなはりりしくそだちやがてとびらをたたくの)

花は凛々しく育ち やがて扉を叩くの

(とおざけてもとおざけても)

遠ざけても 遠ざけても

(ひきあうさだめにいのちをくゆらせ)

惹き合う運命(さだめ)に 命を燻らせ

(わたしたちのひかりはなて)

私たちの光 放て

(かすかなきおくだったむすんだやくそくは)

かすかな記憶だった 結んだ約束は

(いまでもいろあせはしない)

今でも色褪せはしない

(ひそかにかくしてたおもいはあなたをみちびき)

密かに隠してた 思いはあなたを導き

(そしてそしてつよさになる)

そして そして 強さになる

(しんじつだけがせいぎじゃなくて)

真実だけが 正義じゃなくて

(やさしいとげのいたみをもとめてしまうんだ)

優しい棘の痛みを求めてしまうんだ

(おもいらせんのようにめぐりあふれだすなみだ)

想い 螺旋のように 巡り溢れ出す涙

(てまねいてもてまねいても)

手招いても 手招いても

(しりたいこころはかれないの)

知りたい心 測れないの

(やみがひろがるようにせまりのみこんだせかい)

闇が広がるように迫り 飲み込んだ世界

(にげたくてもにげたくても)

逃げたくても 逃げたくても

(よりそうかくごにこのみをゆだねて)

寄り添う覚悟に この身を委ねて

(わたしたちのいのりとどけ)

私たちの祈り 届け

(けだかくさいたたいりんのはなにあなたをかさねた)

気高く咲いた大輪の花に あなたを重ねた

(おなじいたみきずあとにしてのこしたいよ)

同じ痛み傷跡にして残したいよ

(いのちかんじるほどにむねがひりひりといたむ)

イノチ 感じるほどに 胸がひりひりと痛む

(ちかづいてもちかづいても)

近付いても 近付いても

(ふれあうこころいてつくように)

触れ合う心凍てつくように

(はなはりりしくそだちやがてとびらをたたくの)

花は凛々しく育ち やがて扉を叩くの

(とおざけてもとおざけても)

遠ざけても 遠ざけても

(ひきあうさだめにいのちをくゆらせ)

惹き合う運命(さだめ)に 命を燻らせ

(あいしあうさだめよものがたりになれ)

愛し合う運命(さだめ)よ 物語になれ

(わたしたちのひかりそらへ)

私たちの光 空へ

舞台創造科のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表 アプリケーションの使い方 よくある質問

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971