第四解剖室 スティーヴン・キング 1

投稿者リーシープレイ回数82
難易度(4.5) 2678打 長文
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 subaru 6873 S++ 7.1 96.1% 371.7 2663 108 50 2020/10/19
2 きらし 4226 C 4.4 94.7% 602.8 2696 148 50 2020/10/17
3 Filicia 3804 D++ 3.9 96.6% 677.6 2672 94 50 2020/10/18

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あたりがあまりにもくらいせいで、しばらくのあいだーーといっても、せいかくなじかんは)

あたりがあまりにも暗いせいで、しばらくの間ーーといっても、正確な時間は

(わからないーー。じぶんがいしきをうしなっているのではないかとかんがえてしまう。)

わからないーー。自分が意識をうしなっているのではないかと考えてしまう。

(それからしだいに、こんなことにきづきはじめる。)

それからしだいに、こんなことに気づきはじめる。

(いしきをうしなったにんげんなら、やみのなかをじぶんがいどうちゅうだとはだでかんじることもなければ)

意識をうしなった人間なら、闇の中を自分が移動中だと肌で感じる事もなければ

(うごきにともなうおとーーあぶらのきれたしゃりんのおとにほかならない、)

動きにともなう音ーー油の切れた車輪の音にほかならない、

(このおとをきけるはずもない。)

この音を聞けるはずもない。

(それにごむか、びにーるとおぼしきもののにおいもかぎとれる。)

それにゴムか、ビニールとおぼしきもののにおいも嗅ぎ取れる。

(だから、これはいしきをうしなっているじょうたいではない。これは・・・もっと・・・)

だから、これは意識を失っている状態ではない。これは・・・もっと・・・

(なんといえばいい?そう、ゆめというにはあまりにもすじがとおったかんかくだ。)

なんといえばいい?そう、夢と言うにはあまりにも筋が通った感覚だ。

(だったら、これはなんだ?わたしはだれなんだ?)

だったら、これはなんだ?わたしは誰なんだ?

(わがみにいまなにがおこっている?)

我が身に今なにが起こっている?

(あぶらのきれたしゃりんのいまいましいりずむがとまり、わたしのからだのいどうもとまる。)

油の切れた車輪のいまいましいリズムがとまり、私の身体の移動も止まる。

(からだのまわりにあるごむにおいをただよわせるぶったいが、かわいたおとをたてる。)

身体の周りにあるゴム臭を漂わせる物体が、乾いた音をたてる。

(こえがきこえる。「なんばんだといっていた?」)

声が聞こえる。「何番だといっていた?」

(ま。ふたつめのこえ。「よんばんだったとおもう。ああ、よん ばんだ」)

間。二つ目の声。「四番だったと思う。ああ、四番だ」

(われわれは、またいどうをはじめる。しかし、すぴーどはまえよりもおそい。)

我々は、また移動をはじめる。しかし、スピードは前よりも遅い。

(くつをひきずってあるくときのあしおとがかすかにきこえてくる。)

靴を引きずって歩くときの足音がかすかに聞こえてくる。

(そこのやわらかいくつのおと・・・すにーかーかもしれない。)

そこの柔らかい靴の音・・・スニーカーかもしれない。

(くつをはいているのは、さきほどのこえのぬしたちだ。ふたりは、また、わたしの)

靴を履いているのは、先ほどの声の主たちだ。ふたりは、また、私の

(いどうをとめる。)

移動を止める。

など

(なにかをたたくおと、つづいてくうきをきるおと。)

何かをたたく音、続いて空気を切る音。

(きあつぽんぷをりようしたどあがひらくときのおとだろうーー)

気圧ポンプを利用したドアが開くときの音だろうーー

(わたしはそうけんとうをつける。)

私はそう検討をつける。

(<なにがどうなってる?>)

<なにがどうなってる?>

(わたしはさけぶが、しかしさけびごえはあたまのそとにはでていかない。)

私は叫ぶが、しかし叫び声は頭の外には出ていかない。

(くちびるはまったくうごかない。)

唇は全く動かない。

(くちびるのそんざいはかんじられるーーそればかりか、しょっくをうけたもぐらさながら)

唇の存在は感じられるーーそればかりか、ショックをうけたもぐらさながら

(こうちゅうによこたわっているしたのそんざいもかんじられるのに、そのしたをぴくりとも)

口中に横たわっている舌の存在も感じられるのに、その舌をぴくりとも

(うごかせない。)

うごかせない。

(わたしをのせたぶったいが、またうごきはじめる。うごくべっどか?そうだ。べつめい、)

私を乗せた物体が、また動き始める。動くベッドか?そうだ。別名、

(すとれっちゃー。いぜんにものせられたけいけんがある。おおむかし、それも)

ストレッチャー。以前にも乗せられた経験がある。大昔、それも

(りんどんじょんそんだいとうりょうがあじあへのむなくそわるいしょうぼうけんをやっていた)

リンドン・ジョンソン大統領がアジアへの胸糞悪い小冒険をやっていた

(ころのはなしだ。それで、いまじぶんがびょういんにいることがわかってくる。)

頃の話だ。それで、いま自分が病院にいることが分かってくる。

(なにかふそくのじたいがこのみをみまったのだ。)

なにか不測の事態がこの身を見舞ったのだ。

(にじゅうさんねんまえにばくだんにおそわれて、あやうくせいべつをうしないかけたが、)

二十三年前に爆弾に襲われて、あやうく性別を失いかけたが、

(あれにひってきするようなことがおこったにちがいなく、これから)

あれに匹敵するようなことが起こったに違いなく、これから

(しゅじゅつをうけるところだ、と。そうかんがえると、いくつものぎもんに)

手術を受けるところだ、と。そう考えると、いくつもの疑問に

(まっとうなこたえがでてきて、ぎもんのだいぶぶんはかいしょうされる・・・)

まっとうな答えが出てきて、疑問の大部分は解消される・・・

(とはいえ、からだのどこにもいたみはかんじない。きょうふのあまりしょうきを)

とはいえ、身体のどこにも痛みは感じない。恐怖のあまり正気を

(うしないそうだというささいなもんだいこそあれ、きぶんはわるくない。)

失いそうだという些細な問題こそあれ、気分は悪くない。

(いまわたしをはこんでいるのがびょういんのかんごじょしゅたちで、いきさきがしゅじゅつしつなら・・・)

今私を運んでいるのが病院の看護助手達で、行き先が手術室なら・・・

(どうしてめがみえないのか?どうしてわたしは、ひとこともはなせないのか?)

どうして目が見えないのか?どうして私は、一言も話せないのか?

(さんにんめのこえがきこえる。「こっちにはこんでくれ」わたしをのせたうごく)

三人目の声が聞こえる。「こっちに運んでくれ」私を乗せた動く

(べっどが、ちがうほうこうにむけられる。あたまのなかで、こんなぎもんのこえが)

ベッドが、違う方向に向けられる。頭の中で、こんな疑問の声が

(とどろきわたっているーー<いったい、わたしはどれほどひさんなじょうたいになって)

轟きわたっているーー<一体、私はどれほど悲惨な状態になって

(しまっているのだろう?><それは、おまえのしょうたいによりけり)

しまっているのだろう?><それは、おまえの正体によりけり

(じゃないのか?>そうじもんしてはみたが、すくなくともこのぎもんについて)

じゃないのか?>そう自問してはみたが、少なくともこの疑問について

(だけは、こたえをだせることがわかる。)

だけは、答えを出せることが分かる。

(わたしははわーどこっとれる。しょうけんまんであり、どうりょうたちからは”せいふくおう)

私はハワード・コットレル。証券マンであり、同僚達からは”征服王

(はわーど”とよばれているおとこだ。)

ハワード”と呼ばれている男だ。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

リーシーのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード