冬の終り

投稿者takashiプレイ回数00
楽曲情報 冬の終り  松任谷 由実  作詞松任谷 由実  作曲松任谷 由実
難易度(2.5) 595打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 松任谷由実
松任谷由実
※このタイピングは「冬の終り」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 バニラさん 6917 S++ 7.0 98.8% 85.0 595 7 26 2020/10/20
2 つきよみ 4415 C+ 4.4 98.6% 132.7 594 8 26 2020/10/31

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(かえりじたくのきょうしつで)

帰り支度の教室で

(ふいにてがみをわたされた)

ふいに手紙を渡された

(いつからくちもきかないわたしたち)

いつから口もきかない私達

(もうながいあいだ)

もう長いあいだ

(しけんやすみがあけたなら)

試験休みが明けたなら

(あやまりたいとおもってた)

あやまりたいと思ってた

(あれからかおをあわせることもなく)

あれから顔を合わせることもなく

(そつぎょうしてしまった)

卒業してしまった

(がんばるあなたがにくらしかったの)

頑張るあなたが憎らしかったの

(おいてきぼりにされるみたいで)

置いてきぼりにされるみたいで

(きずつけた まよってた)

傷つけた 迷ってた

(おなじだけさみしかった)

同じだけ淋しかった

(ふゆのおわりがくるたびに)

冬の終わりが来るたびに

(あなたのもじをおもいだす)

あなたの文字を思い出す

(なんだかはなのあたりがつんとする)

何だか鼻のあたりがつんとする

(きのめのかおりかしら)

木の芽の香りかしら

(ゆめみるわたしをまだわらってるの)

夢見る私をまだわらってるの

(のーとをかりたあのひのように)

ノートを借りたあの日のように

(さがしてた なやんでた)

探してた 悩んでた

(わけもなくふあんだった)

わけもなく不安だった

(なにをつづってもうそになりそうで)

何を綴ってもうそになりそうで

(へんじをだせずつきひはながれ)

返事を出せず月日は流れ

(なぜかしら どこからか)

なぜかしら どこからか

(ふとよみがえる)

ふと甦る

(あのころのわたしたち)

あの頃の私達

(おなじだけたのしかった)

同じだけ楽しかった

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。