タクシーと指輪とレストラン

投稿者snmt-marumiプレイ回数113
楽曲情報 タクシーと指輪とレストラン  加藤 和彦  作詞安井 かずみ  作曲加藤 和彦
難易度(2.6) 571打 歌詞 長文モード可タグ歌詞 加藤和彦
※このタイピングは「タクシーと指輪とレストラン」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あれはきみの たんじょうびで)

あれは君の 誕生日で

(あめさえ ふりだしてた)

雨さえ 降り出してた

(ぼくはまた たくしーを)

僕はまた タクシーを

(ひろおうと かけだしてた)

拾おうと 駆け出してた

(てをあげても とまらない ゆうぐれどき)

手をあげても 止まらない 夕暮れどき

(すこしかぜをひいてた)

少し風邪をひいてた

(きみがきがかり)

君が気がかり

(れいんこーとをかたから かぶせて)

レインコートを肩から かぶせて

(だきしめた・・・)

抱きしめた・・・

(あのみせは まだあるよ)

あの店は まだあるよ

(ふるびた がらすまどで)

古びた ガラス窓で

(ためらいがちなきみを)

ためらいがちな君を

(むりやり どあのなかへ)

無理矢理 ドアの中へ

(にぶくひかる たなのすみで みつけだした)

鈍く光る 棚の隅で 見つけ出した

(もぞうしんじゅのゆびわ)

模造真珠の指輪

(きみのほそいゆび)

君の細い指

(するりとぬけてわらった)

するりと抜けて笑った

(ちいさなおくりもの・・・)

小さな贈りもの・・・

(ともだちから きいてきた)

友だちから きいてきた

(はやりの そのれすとらん)

流行りの そのレストラン

(まんいんでことわられ)

満員で断られ

(とほうにくれたぼくに)

途方に暮れた僕に

(「あるきましょう」と)

「歩きましょう」と

(からませた ゆびとゆびに)

からませた 指と指に

(あのころは いつでも)

あの頃は いつでも

(ふたりのあいが)

ふたりの愛が

(やさしく いったりきたり)

優しく 往ったり来たり

(わかいひのおもいで・・・)

若い日の思い出・・・

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。