三文小説

投稿者ベルベルプレイ回数0000順位506位
楽曲情報 三文小説  King Gnu  作詞常田大希  作曲常田大希
難易度(3.3) 1406打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 歌詞打 音楽 King Gnu
駄文ばかりの脚本と三文芝居
※このタイピングは「三文小説」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ベルベル 8153 8.4 96.2% 165.2 1402 55 36 2020/11/15
2 samurai 8019 8.4 95.6% 164.1 1379 63 36 2021/01/12
3 roi 7944 8.1 97.8% 170.3 1384 31 36 2020/12/24
4 Chii 7745 8.1 94.8% 169.0 1384 75 36 2020/12/15
5 7594 7.8 96.4% 179.6 1416 52 36 2021/01/02

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(このせかいのだれもがきみをわすれさっても)

この世界の誰もが 君を忘れ去っても

(ずいぶんふけたねってきょうもとなりでわらうから)

随分老けたねって 今日も隣で笑うから

(おびえなくていいんだよそのままのきみでいいんだよ)

怯えなくて良いんだよ そのままの君で良いんだよ

(ふえたしわのかずをとなりでかぞえながら)

増えた皴の数を隣で数えながら

(ぼくらのじんせいがさんもんしょうせつだとしても)

僕らの人生が三文小説だとしても

(なげうるきはないねなんどでもかきなおすよ)

投げ売る気は無いね 何度でも書き直すよ

(だれもがあいまかせいつまでもさまようさだめ)

誰もが愛任せ いつまでも彷徨う定め

(このはなしのはてのそのさきをかきたすよ)

この小説 [はなし] の果ての  その先を書き足すよ

(しんじつとむきあうためにはひとりにならなきゃいけないときがある)

真実と向き合うためには 一人にならなきゃいけない時がある

(あやまちだとわかっていてもなおえがきつづけたいものがたりがあるよ)

過ちだと分かっていても尚 描き続けたい物語があるよ

(ああだぶんばかりのきゃくほんとさんもんしばいにいつまでも)

あゝ 駄文ばかりの脚本と三文芝居にいつ迄も

(つきあっていたいのさ)

付き合っていたいのさ

(ああきみのぶきようなひょうじょうやことばひとつで)

あゝ 君の不器用な表情や言葉一つで

(すくわれるぼくがいるから)

救われる僕がいるから

(あのころのかがやきがいきをひそめたとしても)

あの頃の輝きが 息を潜めたとしても

(ずいぶんふけたねってあすもとなりでわらうから)

随分老けたねって 明日も隣で笑うから

(かなしまないでいいんだよそのままのきみがいいんだよ)

悲しまないで良いんだよ そのままの君が良いんだよ

(すぎゆくびょうしんをとなりでかぞえながら)

過ぎゆく秒針を隣で数えながら

(とめどなくながるるなみだあめがしょうせつのようにじんせいをなんしょうにもくぎってくれるから)

止めどなく流るる泪雨が小説のように 人生を何章にも区切ってくれるから

(おろかだとわかっていてもなおあがきつづけなきゃいけないものがたりがあるよ)

愚かだと分かっていても尚 足掻き続けなきゃいけない物語があるよ

(ああたちつくしたあのひのたよりないせなかを)

あゝ 立ち尽くしたあの日の頼りない背中を

(いまならつよくおしてみせるから)

今なら強く押して見せるから

(ああぼくのくだらないひょうじょうやことばひとつで)

あゝ 僕のくだらない表情や言葉一つで

(ほほえんだきみがいるから)

微笑んだ君がいるから

(ああだぶんばかりのきゃくほんとさんもんしばいにいつまでも)

あゝ 駄文ばかりの脚本と三文芝居にいつ迄も

(つきあっていたいのさ)

付き合っていたいのさ

(ああきみのぶきようなひょうじょうやことばひとつで)

あゝ 君の不器用な表情や言葉一つで

(すくわれるぼくがいるから)

救われる僕がいるから

(ああたちつくしたあのひのたよりないせなかを)

あゝ 立ち尽くしたあの日の頼りない背中を

(いまならつよくおしてみせるから)

今なら強く押して見せるから

(ああぼくのくだらないひょうじょうやことばひとつで)

あゝ 僕のくだらない表情や言葉一つで

(ほほえんだきみがいるから)

微笑んだ君がいるから

(このせかいのだれもがきみをわすれさっても)

この世界の誰もが 君を忘れ去っても

(ずいぶんふけたねってきょうもとなりでわらうから)

随分老けたねって 今日も隣で笑うから

(おびえなくていいんだよそのままのきみでいいんだよ)

怯えなくて良いんだよ そのままの君で良いんだよ

(ふえたしわのかずをとなりでかぞえながら)

増えた皴の数を隣で数えながら

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。