秘密基地

投稿者Socratesプレイ回数857
楽曲情報 秘密基地  高田 梢枝  作詞高田 梢枝  作曲高田 梢枝
難易度(3.6) 1161打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 アニメ アニメ・マンガ 歌詞打
秘密基地
テレビアニメ「交響詩篇エウレカセブン」ED
※このタイピングは「秘密基地」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あのころのちいさなぼくがみあげるそらはほんとうにひろかった)

あの頃の小さな僕が見上げる空はほんとうに広かった

(すきなひとをこのてでまもれるとおもっていたほんきで)

好きな人をこの手で守れると思っていた本気で

(どうしてせがのびないそれがくやしかった)

どうして背が伸びないそれが悔しかった

(わがままをまだかわいいとかんちがいしていたんだずっと)

わがままをまだかわいいと勘違いしていたんだずっと

(あきらめることなんておもいうかばなかった)

あきらめることなんて思い浮かばなかった

(ただまえをむいてた)

ただ前を向いてた

(でもできないことばかりで)

でもできないことばかりで

(はやくじゆうになりたくて)

早く自由になりたくて

(いくらてをのばしたってとどくはずのないおおきなおおきなそら)

いくら手を伸ばしたって届くはずのない大きな大きな空

(でもぼくはなんにもうたがうこともなくきれいなみらいをしんじてた)

でも僕は何にも疑うこともなくキレイな未来を信じてた

(くやしいことがあるとこらえきれなかったおおきなおおきななみだ)

悔しいことがあるとこらえ切れなかった大きな大きな涙

(でもあのときのぼくのめはなによりかがやいてたとおもう)

でもあのときの僕の目は何より輝いてたと思う

(あれからずいぶんせものびてよのなかのことすこしわかって)

あれから随分背も伸びて世の中のこと少しわかって

(いっしょうけんめいがかっこわるくてさめたふりしてあるいていたよ)

一生懸命がカッコ悪くて冷めたフリして歩いていたよ

(でもちゅうとはんぱなぼくにはなにひとつできなかった)

でも中途半端な僕には何ひとつできなかった

(いつからかぼくはきらめくあしたをしんじてたことさえわすれて)

いつからか僕はきらめく明日を信じてたことさえ忘れて

(じぶんをまもるためにたくさんのたいせつなものをきずつけてた)

自分を守るためにたくさんの大切なものを傷つけてた

(はるかとおくまうえのそらのむこうになにがあるかしりたくて)

遥か遠く真上の空の向こうに何があるか知りたくて

(おとなになったらかならずいくんだよってやくそくしたんだ)

「大人になったら必ず行くんだよ。」って約束したんだ

(いくらてをのばしたってとどくはずのないおおきなおおきなそら)

いくら手を伸ばしたって届くはずのない大きな大きな空

(でもぼくはなんにもうたがうこともなくきれいなみらいをしんじてた)

でも僕は何にも疑うこともなくキレイな未来を信じてた

(くやしいことがあるとこらえきれなかったおおきなおおきななみだ)

悔しいことがあるとこらえ切れなかった大きな大きな涙

(でもあのときのぼくのめはなによりかがやいてたとおもう)

でもあのときの僕の目は何より輝いてたと思う

(あのころのちいさなぼくがみあげるそらはほんとうにひろかった)

あの頃の小さな僕が見上げる空はほんとうに広かった

(すきなひとをこのてでまもれるとおもっていたほんきで)

好きな人をこの手で守れると思っていた本気で

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

Socratesのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971