モノクロ鏡と色眼鏡

投稿者ルゼプレイ回数139
楽曲情報 モノクロ鏡と色眼鏡  作詞スズム  作曲150P
難易度(2.2) 1073打 歌詞 かな 長文モード可タグ150P ボカロ 歌詞 鏡音リン
150Pさんのモノクロ鏡と色眼鏡です。
記号やスペースのタイピングは省略しています。
※このタイピングは「モノクロ鏡と色眼鏡」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(まちはずれこうりてんで)

町外れ 小売店で

(ふるぼけたくつをはいて)

古ぼけた 靴をはいて

(おくびょうにいきをのんで)

臆病に 息を飲んで

(たえてたあのころ)

耐えてた あの頃

(らっかんとうつろまなざしはなにかしらじしょうぎみで)

楽観と虚ろ眼差しは 何かしら自傷気味で

(おもかげがぽつりながれだしたら)

面影がポツリ流れ出したら

(しんでれらいつわはじまりね)

シンデレラ逸話 始まりね

(ものくろきょうをながめ)

モノクロ鏡を眺め

(かじかんだてをにぎり)

悴んだ手を握り

(つらいみらいめをそらしあもとむく)

辛い未来 目を反らし足元向く

(いろめがねをかざして)

色眼鏡を翳して

(かごのなかをみるような)

籠の中を見るような

(せかいがたしかにくらんでゆく)

世界が確かに眩んでゆく

(あのときみてたまぼろし)

『あの時魅てた幻』

(まとはずれでぃーらーが)

的外れ 商人が

(とりひきとてをだして)

取引と 手を出して

(ふかしぎにくずれた)

不可思議に 崩れた

(あのかおこわくて)

あの顔 怖くて

(きゃっかんとよどむまなざしはどこかしらじぎゃくてきで)

客観と淀む眼差しは どこかしら自虐的で

(ろぼっとのようにはたらきづめて)

ロボットの様に働き詰めて

(しでのたびじへおもむくの)

死出の旅路へ 赴くの?

(ものくろきょうをながめ)

モノクロ鏡を眺め

(かじかんだてをはなし)

悴んだ手を離し

(つらいみらいめにはいりあもとむく)

辛い未来 目に入り足元向く

(いろめがねをかざして)

色眼鏡を翳して

(おかねになるんだとか)

お金になるんだとか

(せかいがたしかにくらんでゆく)

世界が確かに暗んでゆく

(あのときみてたまぼろし)

『あの時魅てた幻』

(あたまごなしにいいわけばかり)

頭ごなしに言い訳ばかり

(むかいかぜにげてすすみ)

向かい風 逃げて進み

(こうていだけかさねてはなきねいり)

肯定だけ重ねては泣き寝入り

(じぶんのいろみをださせて)

「自分の色味を出させて」

(じぶんのなまえをかかせて)

「自分の名前を書かせて」

(あなたはきらいだうそつき)

「貴方は嫌いだ嘘つき」

(ぼくもやっぱゆうきだそう)

『ボクもやっぱ勇気出そう』

(かわりばえないせかいは)

代わり映えない世界は

(しあわせそうにみえて)

幸せそうに見えて

(つまらないんじゃないの)

つまらないんじゃないの

(しんだひとのようにさ)

「死んだ人のようにさ?」

(ねえものくろきょうをながめ)

ねえモノクロ鏡を眺め

(かじかんだてをにぎり)

悴んだ手を握り

(つらいみらいまえむいてすすんでく)

辛い未来 前向いて進んでく

(むかしをなげくよりも)

昔を嘆くよりも

(かごからでてかんじて)

籠から出て感じて

(せかいがたしかにのびてゆく)

世界が確かに伸びてゆく

(ものくろけしきとぎれた)

モノクロ景色途切れた

(あのときみてたまぼろし)

『あの時魅てた幻』

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!