AKB48 桜の木になろう

投稿者莉音.プレイ回数0000
楽曲情報 桜の木になろう  AKB48  作詞秋元 康  作曲横 健介
難易度(2.9) 978打 歌詞 かな 長文モード可タグakb48 歌詞 ドラマ
※このタイピングは「桜の木になろう」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はるいろのそらのしたをきみはひとりであるきはじめるんだ)

春色の空の下を 君は一人で歩き始めるんだ

(いつかみたゆめのようにえがいてきたながいみち)

いつか見た夢のように 描いて来た長い道

(せいふくとすぎたひびをきょうのおもいでにしまいこんで)

制服と過ぎた日々を 今日の思い出にしまいこんで

(あたらしくうまれかわるそのせなかをみまもってる)

新しく生まれ変わる その背中を見守ってる

(ふあんそうにふりむくきみがむりにほほえんだとき)

不安そうに振り向く 君が無理に微笑んだ時

(ほおにおちたなみだは)

頬に落ちた涙は

(おとなになるためのぴりおど)

大人になるための ピリオド

(えいえんのさくらのきになろう)

永遠の桜の木になろう

(そうぼくはここからうごかないよ)

そう僕はここから動かないよ

(もしきみがこころのみちにまよっても)

もし君が心の道に迷っても

(あいのばしょがわかるようにたっている)

愛の場所がわかるように立っている

(きょうしつのひなたのなかくらすめいととかたったみらいは)

教室の日向の中 クラスメイトと語った未来は

(いまきみがあるきだしたそのいっぽめのさきにある)

今 君が歩き出した その一歩目の先にある

(まんかいのきせつだけをきみはなつかしんでいてはいけない)

満開の季節だけを 君は懐かしんでいてはいけない

(こがらしにふるえていたふゆをこえてはながさく)

木枯らしに震えていた 冬を越えて花が咲く

(だれもいないこうていときにひとりかえっておいで)

誰もいない校庭 時に一人 帰っておいで

(そつぎょうしたあのひの)

卒業したあの日の

(かがやいているきみにあえるよ)

輝いている君に 会えるよ

(えいえんのさくらのきになろう)

永遠の桜の木になろう

(すたーとのめじるしになるように)

スタートの目印になるように

(はなびらのすべてがちっていても)

花びらのすべてが散っていても

(えだがりょうてひろげながらまっている)

枝が両手広げながら待っている

(だれもみなむねにおしばなのような)

誰もみな 胸に押し花のような

(けっしんをどこかにわすれている)

決心をどこかに忘れている

(おもいだしてさくらがさくきせつに)

思い出して 桜が咲く季節に

(ぼくのことをいっぽんのきを)

僕のことを… 一本の木を…

(えいえんのさくらのきになろう)

永遠の桜の木になろう

(そうぼくはここからうごかないよ)

そう僕はここから動かないよ

(もしきみがこころのみちにまよっても)

もし君が心の道に迷っても

(あいのばしょがわかるようにたっている)

愛の場所がわかるように立っている

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

莉音.のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971