恋風/大石秀一郎 歌詞打ち

投稿者神鈴プレイ回数000
楽曲情報 恋風  大石 秀一郎  作詞近藤 孝行  作曲間瀬 公司
恋風/大石秀一郎
大石秀一郎の恋風です。
※このタイピングは「恋風」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 おみくん 5669 A 6.2 91.9% 168.1 1045 92 31 2020/10/23

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(めのまえはかれしかのじょのかえりみち)

目の前は彼氏彼女の帰り道

(あおいはるのあまいかおりみたしている)

青春(あおいはる)の甘い香り満たしている

(love・・・よにはふたりきりだねまるでね)

「LOVE…世には二人きりだね」「まるでね▽」

(こげつきそうなめとめで)

焦げ付きそうな目と目で

(まっぴらとてをひらりうずをまくはなびらめろでぃ)

「まっぴら」と手をひらり 渦を巻く花びらメロディ

(とびだすてにすぼーるひろったあったうんめいのひとに)

飛び出すテニスボール 拾った逢った運命の彼(ひと)に

(あららわりとかんたんにfallinlove)

あらら 割と簡単に fall in love

(せぴあいろのせかいにかれしかいない)

セピア色の世界に彼しかいない

(だめだ・・・むねがとまらないおともきこえない)

「駄目だ…胸が止まらない」音も聞こえない

(ゆらりゆらりゆられたらふわりふわりながれたい)

ゆらりゆらり揺られたら ふわりふわり流れたい

(あるはるのああできごと)

ある春の ああ 出来事

(めのまえにはるのあらしまとったおとめ)

目の前に春の嵐 纏った乙女

(ふたりときがとまったようにうごきだせず)

二人時が止まったように動き出せず

(ああ・・・よにはふたりきりよねまるで・・・と)

「ああ…世には二人きりよね まるで…」と

(なきだしそうなひとみで)

泣き出しそうな瞳で

(なんてとつぜんにはじめてのももいろだより)

「なんて突然に初めての桃色便り」

(うけとったてにすぼーるふれたゆびがうんめいのとびら)

受け取ったテニスボール 触れた指が運命の扉

(あららまるでかんたんに40-0(ふぉーてぃーらぶ))

あらら まるで簡単に40-0(フォーティーラブ)

(まいおりてきたてんしきみしかいない)

舞い降りてきた天使君しかいない

(こいのふねはとまらないだけどたよりない)

恋の舟は止まらない  だけど頼りない

(ゆらりゆらりゆられたらみなみ・・・みなみ・・・ながれる)

ゆらりゆらり揺られたら 南…南…流れる

(はるかぜとああいっしょに)

春風と ああ一緒に

(あららわりとかんたんにfallinlove)

あらら 割と簡単に fall in love

(せぴあいろのせかいにきみしかいない)

セピア色の世界に君しかいない

(だめだ・・・むねがとまらないおともきこえない)

「駄目だ…胸が止まらない」音も聞こえない

(ゆらりゆらりゆられてたらふわりふわりながれたい)

ゆらりゆらり揺られてたら ふわりふわり流れたい

(あららわりとかんたんにfallinlove)

あらら 割と簡単に fall in love

(ふたりであえたきせきだいじにしたい)

二人出逢えた奇跡大事にしたい

(こいのふねはとまらないいまはたよりない)

恋の舟は止まらない 今は頼りない

(ゆらりかぜにふかれたらふわりふたりながれたい)

ゆらり風に吹かれたら ふわり二人流れたい

(あのかぜと・・・ああいっしょに)

あの風と…ああ一緒に

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

神鈴のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971