ランナーズハイ

投稿者tomoプレイ回数217
楽曲情報 ランナーズハイ  Novelbright  作詞竹中 雄大  作曲沖 聡次郎
難易度(2.6) 1182打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 バンド Novelbright
Novelbright 『ランナーズハイ』
作詞 竹中雄大
作曲 竹中雄大 / 沖聡次郎
※このタイピングは「ランナーズハイ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ねがったいつだってずっと)

願ったいつだってずっと

(なかまとかぜにのって)

仲間と風に乗って

(はばたきせかいをながめたいと)

羽ばたき世界を眺めたいと

(うまれそだったあのまちにむねはってゆけるように)

生まれ育ったあの街に胸張って行けるように

(やがておりたつときもいっしょ)

やがて降り立つ時も一緒

(いまだみぬあしたをさがしもとめたびだった)

未だ見ぬ明日を探し求め旅立った

(いきどまりばかりのかっそうろなかなかとべずにいたんだ)

行き止まりばかりの滑走路なかなか飛べずにいたんだ

(こころがおちこんでにげだしそうなひもあった)

心が落ち込んで逃げ出しそうな日もあった

(それでもかたよせそらをみる)

それでも片寄せ空を見る

(さんざんいきをきらしてかけぬけて)

散々息を切らして駆け抜けて

(あせをながしててをとりあってきた)

汗を流して手を取り合ってきた

(どこまでもたかくとべ)

どこまでも高く飛べ

(ねがったいつだってずっと)

願ったいつだってずっと

(なかまとかぜにのって)

仲間と風に乗って

(はばたきせかいをながめたいと)

羽ばたき世界を眺めたいと

(うまれそだったあのまちにむねはってゆけるように)

生まれ育ったあの街に胸張って行けるように

(やがておりたつときもいっしょ)

やがて降り立つ時も一緒

(あたらしいまちはそうぞういじょうにけわしくて)

新しい街は想像以上に険しくて

(ぶつかるおもいがかべになってからまわってこえられないな)

ぶつかる想いが壁になってから回って超えられないな

(すなおになれないままいじはるじぶんが)

素直になれないまま意地張る自分が

(きらいだそんなときもあったんだ)

嫌いだそんな時もあったんだ

(かみしめあったよろこびも)

噛み締めあった喜びも

(ふるえるこえでふあんなげいたひも)

震える声で不安嘆いた日も

(つよくむねにきざんでいく)

強く胸に刻んでいく

(わらったこうかいはないと)

笑った後悔はないと

(かんせいをうたにのせて)

歓声を歌に乗せて

(とざしたかんじょうをゆらしたいよ)

閉ざした感情を揺らしたいよ

(てをのばしてちかいあった)

手を伸ばして誓い合った

(しゅんかんをわすれないまま)

瞬間を忘れないまま

(やがてたどりつくよきっと)

やがて辿り着くよきっと

(いろあざやかなじんせいを)

色鮮やかな人生を

(きたいこめさけんだしんぱいはいらないさ)

期待込め叫んだ心配はいらないさ

(まちこがれたゆめをそっとおもいだしたよ)

待ち焦がれた夢をそっと思い出したよ

(ねがったいつだってずっと)

願ったいつだってずっと

(なかまとかぜにのって)

仲間と風に乗って

(はばたきせかいをながめたいと)

羽ばたき世界を眺めたいと

(うまれそだったあのまちにむねはってゆけるように)

生まれ育ったあの街に胸張って行けるように

(やがておりたつよ)

やがて降り立つよ

(かなったげんそうをいだいた)

叶った幻想を抱いた

(なかまとかぜをきって)

仲間と風を切って

(いまだみぬせかいをめざしたいよ)

未だ見ぬ世界を目指したいよ

(いつまでもそうぞうこえたけしきをみていこうか)

いつまでも想像超えた景色を見ていこうか

(やがてたどりつくよきっと)

やがて辿り着くよきっと

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!