桜色舞うころ

投稿者あるゆプレイ回数1044
楽曲情報 桜色舞うころ  中島 美嘉  作詞川江 美奈子  作曲川江 美奈子
難易度(3.5) 697打 歌詞 長文モード可タグ歌詞 音楽 j-pop 懐メロ
中島美嘉による曲
※このタイピングは「桜色舞うころ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ひっち君 3981 地球 4.1 95.4% 169.3 708 34 20 2022/01/16
2 くりクマさん【Y 3321 3.5 93.7% 195.4 695 46 20 2021/12/12

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(さくらいろまうころわたしはひとり)

桜色舞うころ 私はひとり

(おさえきれぬむねにたちつくしてた)

抑えきれぬ胸に 立ち尽くしてた

(わかばいろもゆればおもいあふれて)

若葉色萌ゆれば 想いあふれて

(すべてをみうしないあなたへながれた)

すべてを見失い あなたへ流れた

(めぐるきぎたちだけがふたりをみていたの)

めぐる木々たちだけが 二人を見ていたの

(ひとところにはとどまれないとそっとおしえながら)

ひとところにはとどまれないと そっとおしえながら

(かれはいろそめてくあなたのとなり)

枯葉色染めてく あなたのとなり

(うつろいゆくひびがあいへとかわるの)

移ろいゆく日々が愛へと変わるの

(どうかきぎたちだけはこのおもいをまもって)

どうか木々たちだけは この想いを守って

(もういちどだけふたりのうえでそっとはをゆらして)

もう一度だけふたりの上で そっと葉を揺らして

(やがてときはふたりをどこへはこんでゆくの)

やがてときはふたりを どこへ運んでゆくの

(ただひとつだけたしかないまをそっとだきしめていた)

ただひとつだけ確かな今を そっと抱きしめていた

(ゆきげしょうまとえばおもいはぐれて)

雪化粧まとえば 想いはぐれて

(あしあともけしてくおとなきいたずら)

足跡も消してく 音無きいたずら

(どうかきぎたちだけはこのおもいをまもって)

どうか木々たちだけは この想いを守って

(「えいえん」のなかふたりとどめてここにいきつづけて)

「永遠」の中ふたりとどめて ここに行き続けて

(めぐるきぎたちだけがふたりをみていたの)

めぐる木々たちだけが ふたりを見ていたの

(ひとところにはとどまれないとそっとおしえながら)

ひとところにはとどまれないと そっとおしえながら

(さくらいろまうころわたしはひとり)

桜色舞うころ 私はひとり

(あなたへのおもいをかみしめたまま)

あなたへの想いを かみしめたまま

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

あるゆのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971