命ばっかり

投稿者くるみプレイ回数232
楽曲情報 命ばっかり  作詞ぬゆり  作曲ぬゆり
難易度(3.2) 1370打 歌詞 長文モード可タグボカロ 歌詞 ぬゆり Eve
※このタイピングは「命ばっかり」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ひびをすりつぶしていくあなたとのじかんは)

日々を磨り潰していく貴方との時間は

(かんたんなことじゃゆるせないくらいに)

簡単なことじゃ許せないくらいに

(おかしくなってしまった)

おかしくなってしまった

(あんしんしたいだけの)

安心したいだけの

(くちさきだけじゃいやいやいや)

口先だけじゃ いや いや いや

(どこまでもたんじゅんだここまでとさとった)

どこまでも単純だ ここまでと悟った

(すわりこんでもうあるけなくなる)

座り込んでもう歩けなくなる

(さいしょだけじゃないならさいげんもないならば)

最初だけじゃないなら 際限もないならば

(どこへだっていけるはずさ)

どこへだって行けるはずさ

(とおくへとおくへみずのあじをおぼえ)

遠くへ 遠くへ 水の味を覚え

(がいろにめがくらみよるをこえてしまう)

街路に目が眩み 夜を越えてしまう

(とおくへとおくへうごけないぼくのことをわすれて)

遠くへ 遠くへ 動けない僕のことを忘れて

(しらないをしりたかったしりえることはなかった)

知らないを知りたかった 知り得ることはなかった

(すいあつでうごけなくなっていくまたちょうのゆめをみる)

水圧で動けなくなっていく また蝶の夢を見る

(すきになりたかったんだすきになれなかったんだ)

好きになりたかったんだ 好きになれなかったんだ

(「ただしい」をりそうとしていたら)

「正しい」を理想としていたら

(おいていかれた)

置いて行かれた

(おいつけなくなったんだ)

追いつけなくなったんだ

(あたりまえにすぎていくはずだったじかんは)

当たり前に過ぎていくはずだった時間は

(なんじゅうねんともかんじるほどながく)

何十年とも感じるほど長く

(ねむりすぎたずつうではいだしてきたぼくは)

眠りすぎた頭痛で這い出してきた僕は

(どこにももういけやしないから)

どこにももう行けやしないから

(どこまでもじゅんじょうだそれでしかなかった)

どこまでも純情だ それでしかなかった

(かざらないでかちあいたいから)

飾らないで 分かち合いたいから

(あなたのかげがくらむみうしなってしまった)

貴方の影が眩む 見失ってしまった

(またねむれないよるになっていく)

また眠れない夜になっていく

(「どうしたいの」なんてとえば「どうもしない」なんてかえす)

「どうしたいの」なんて問えば「どうもしない」なんて返す

(あなたはもうなにもおしえてくれないの)

貴方はもう何も教えてくれないの

(きょうたべたしょくじもいきたいばしょさえもう)

今日食べた食事も 行きたい場所さえもう

(なににもどれをとってもわからないだけだ)

何にも どれをとってもわからないだけだ

(とおくへとおくへみずのあじをおぼえ)

遠くへ 遠くへ 水の味を覚え

(がいろにめがくらみよるをこえてしまう)

街路に目が眩み夜を越えてしまう

(とおくへとおくへうごけないぼくのことをわすれて)

遠くへ 遠くへ 動けない僕のことを忘れて

(あなたのよこがおをみてひけめをかんじてしまった)

貴方の横顔を見て引け目を感じてしまった

(すくわれたいとだけわめくぼくはきっともうがらくただ)

救われたいとだけ喚く僕はきっともう我楽多だ

(しそうはんはもうやめた)

思想犯はもう止めた

(「わかれない」をさとっていた)

「分かれない」を悟っていた

(とりとめのないことばだけでは)

とりとめのない言葉だけでは

(うすがみをはがせないふつうにこしつすることが)

薄紙を剥がせない普通に固執することが

(こわくてもうなきそうだ)

怖くてもう泣きそうだ

(じだらくをかがみでみていたら)

自堕落を鏡で見ていたら

(うすっぺらだ)

薄っぺらだ

(うすっぺらだ)

薄っぺらだ

(うすっぺらだ)

薄っぺらだ

(うすっぺらなぼくだった)

薄っぺらな僕だった

(ぼくだ)

ぼくだ

(ぼくだけだったんだ)

僕だけだったんだ

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!