月白風清

投稿者Hanaプレイ回数86
楽曲情報 月白風清  いれいす  作詞alto  作曲alto
難易度(3.3) 60秒 歌詞 長文モード可タグ歌い手 いれいす 月白風清 歌詞 音楽
ミスがありましたらコメントにて教えてくださると幸いです。
※このタイピングは「月白風清」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(しろいつきよにきえてった)

白い月夜に消えてった

(きみがいた)

君が居た

(きみがすき)

君が好き

(すこしひえたそらこうかくすくも)

少し冷えた空 光隠す雲

(いたずらにわらうよこがおただみてた)

いたずらに笑う横顔 ただ見てた

(きみとゆめのなかつづくすずのおとと)

君と夢の中 続く鈴の音と

(かさなるあしおとがふたつひびいてたああ)

重なる足音が二つ 響いてた  嗚呼

(よざくらも)

夜桜も

(はなびのいろも)

花火の彩(いろ)も

(ただぼやけてみえてた)

ただぼやけて見えてた

(きみのちいさな)

君の小さな

(ふるえたこえで)

震えた声で

(きょうもつきがきれいだね)

「今日も月が 綺麗だね」

(わらうきみのめにこいをしていくよのときをきみとすごして)

笑う君の瞳(め)に恋をして 幾夜のときを君と過ごして

(せんのあきをいくつかさねてきみをおもう)

千の秋をいくつ重ねて 君を想う

(あきかぜにふかれたのなら2にんひえぬようによりそって)

秋風に吹かれたのなら 2人冷えぬように寄り添って

(しろいつきよにてらされてきみといた)

白い月夜に照らされて 君と居た

(こいをした)

恋をした

(あれこれえがいてたわいでかさねるてとて)

彼此 描いて 他愛で重ねる手と手

(いまじゃゆうゆうゆうえんとまじわらないうんめいよ)

今じゃ 悠々 幽遠 と交わらない運命よ

(どうしたってかたにふれるのはあきのあめ)

どうしたって肩に触れるのは秋の雨

(かさをさすかどうかまようほどの)

傘を差すかどうか迷うほどの

(おぼえてるかなつきよにきえたいたいといたい)

覚えてるかな 月夜に消えた 「居たい」 問いたい

(いたずらなきみはもうしかいにいない)

いたずらな君はもう視界に居ない

(あのよるのほころびをつくろうようにのうりひだりまわるおもい)

あの夜の綻びを繕うように 脳裏 左回る想い

(きっとはるになればはなはさくさ)

きっと春になれば花は咲くさ

(たくさんのかくさぬおもいこそらくさ)

沢山の隠さぬ想いこそ落差

(こよいのつきもこれからさきも)

今宵の月も これから先も

(2にんできれいとかんじたかった)

2人で綺麗と感じたかった

(べにのはもふゆのよぞらも)

紅の葉も 冬の夜空も

(ただかすんでみえてた)

ただ霞んで見えてた

(ありがとうよりごめんねよりも)

「ありがとう」より 「ごめんね」よりも

(いえずにいた)

言えずにいた

(きみがすき)

「君が好き」

(そでをぬらすきみのてをとりいくよのときをきみとすごして)

袖を濡らす君の手をとり 幾夜のときを君と過ごして

(せんのこいをいくつかさねてきみをおもう)

千の恋をいくつ重ねて 君を想う

(あきさめにうたれたのなら2にんひとつのかさにはいって)

秋雨に打たれたのなら 2人一つの傘に入って

(くらいあんやにまよってもきみがいた)

暗い闇夜に迷っても 君が居た

(きみがいた)

君が居た

(わらうきみのめにこいをしてただずっときみだけに)

笑う君の瞳(め)に恋をして ただずっと君だけに

(こいをして)

恋をして

(せんのあきをいくつかさねてきみをおもう)

千の秋をいくつ重ねて 君を想う

(のどをからせてさけんでもこのきもちはずっととどかない)

喉を枯らせて叫んでも この気持ちはずっと届かない

(しろいつきよにきえてった)

白い月夜に消えてった

(きみがいた)

君が居た

(すきでした)

好きでした

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。