星の王子さま vol.6

投稿者すきやらめんプレイ回数294
難易度(3.6) 1485打 長文タグ小説 ファンタジー
小説「星の王子さま」からの出典です。
句読点あり。
カギカッコ等の表記符号は省略してあります。

All thanks to "masa_ao_lec"
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 7546 星の王子さま 7.8 96.2% 192.4 1511 59 43 2021/11/19
2 なっちゃんv 6846 星の王子さま 7.0 97.3% 210.9 1485 41 43 2021/11/11
3 6061 ヘビ 6.4 94.0% 229.0 1481 93 43 2021/11/10
4 ぬー 5075 キツネ 5.2 96.0% 279.6 1480 61 43 2021/11/17

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(むかしむかし、ちいさなおうじさまがいた。)

〈むかしむかし、小さな王子さまがいた。

(おうじさまは、じぶんよりわずかにおおきいだけのほしにすんでいた。)

王子さまは、自分よりわずかに大きいだけの星に住んでいた。

(そうして、ともだちがほしかった・・・・・・)

そうして、友だちがほしかった・・・・・・〉

(いきるというのがどういうことかわかっているひとたちには、)

生きるというのがどういうことかわかっている人たちには、

(このほうが、はるかにほんとうのことのようにかんじられただろう。)

このほうが、はるかにほんとうのことのように感じられただろう。

(というのも、ぼくは、このほんをかるがるしくよまれたくはないからだ。)

というのも、僕は、この本を軽々しく読まれたくはないからだ。

(こうしておもいでをかたるのも、)

こうして思い出を語るのも、

(ほんとうはとてもつらい。)

ほんとうはとてもつらい。

(ぼくのともだちがひつじとともにいってしまってから、)

僕の友だちがヒツジとともに行ってしまってから、

(もうろくねんにもなる。)

もう六年にもなる。

(こうしてぼくがいまかいているのは、)

こうして僕が今書いているのは、

(かれをわすれないためなのだ。)

彼を忘れないためなのだ。

(ともだちをわすれてしまうのは、かなしいから。)

友だちを忘れてしまうのは、悲しいから。

(ともだちは、だれにでもいるわけではないから。)

友だちは、誰にでもいるわけではないから。

(そしてぼくだって、)

そして僕だって、

(すうじにしかきょうみのないおとなになってしまうかもしれないから。)

数字にしか興味のないおとなになってしまうかもしれないから。

(えのぐばこといろえんぴつをかったのも、そのためだ。)

絵の具箱と色えんぴつを買ったのも、そのためだ。

(このとしでえをまたはじめるというのは、たいへんなことだ。)

この年で絵をまた始めるというのは、大変なことだ。

(とくにろくさいで、なかがみえないぼあとみえるぼあをかいていらい、)

特に六歳で、なかが見えないボアと見えるボアを描いて以来、

(なにひとつかいてみることのなかったものには!)

なにひとつ描いてみることのなかった者には!

など

(もちろん、できるだけにているしょうぞうがをかこうと、)

もちろん、できるだけ似ている肖像画を描こうと、

(これからもがんばってはみる。)

これからもがんばってはみる。

(でもうまくいくかどうかは、あまりじしんがない。)

でもうまくいくかどうかは、あまり自信がない。

(まあまあのがいちまいかけても、)

まあまあのが一枚描けても、

(つぎのはもうだめだったりするのだ。)

次のはもうだめだったりするのだ。

(おうじさまのせかっこうがまたむずかしい。)

王子さまの背かっこうがまたむずかしい。

(こっちのえではおおきすぎるし、)

こっちの絵では大きすぎるし、

(あっちのではちいさすぎる。)

あっちのでは小さすぎる。

(あのいしょうのいろにもまよってしまう。)

あの衣装の色にも迷ってしまう。

(こんなふう、あんなふうと、)

こんなふう、あんなふうと、

(どうにかこうにかやってみる。)

どうにかこうにかやってみる。

(それでもけっきょく、もっとだいじなどこかのぶぶんを、)

それでも結局、もっと大事などこかの部分を、

(まちがえてしまいそうだ。)

まちがえてしまいそうだ。

(でも、そこのところはかんべんしてほしい。)

でも、そこのところは勘弁してほしい。

(ぼくのともだちは、)

僕の友だちは、

(せつめいというものをいちどもしてくれなかったのだから。)

説明というものを一度もしてくれなかったのだから。

(たぶん、ぼくもじぶんとおなじだとおもったのだろう。)

たぶん、僕も自分と同じだと思ったのだろう。

(けれどぼくは、ざんねんながら、)

けれど僕は、残念ながら、

(きばこのひつじをみることはできない。)

木箱のヒツジを見ることはできない。

(たぶん、ぼくはもう、)

たぶん、僕はもう、

(おとなたちとたしょうおなじなのだろう。)

おとなたちと多少同じなのだろう。

(いつのまにかぼくも、)

いつのまにか僕も、

(としをとってしまったにちがいない。)

年をとってしまったにちがいない。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!