夜に駆ける

投稿者プレイ回数1250
楽曲情報 夜に駆ける  作詞YOASOBI  作曲YOASOBI
難易度(3.0) 1522打 歌詞 長文モード可タグYOASOBI 夜に駆ける
YOASOBIの夜に駆けるです♬
※このタイピングは「夜に駆ける」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

  • 夜に駆ける

    夜に駆ける

    YOASOBIさんの夜に駆けるです!1番のみです。

    プレイ回数1378049
    歌詞かな612打
  • 怪物

    怪物

    怪物/YOASOBI

    プレイ回数266353
    歌詞かな1278打
  • 三原色

    三原色

    三原色/YOASOBI

    プレイ回数30974
    歌詞かな908打
  • 群青

    群青

    群青 yoasobi

    プレイ回数224
    歌詞かな1480打
  • 群青

    群青

    一番だけなので、すぐ終わります。

    プレイ回数42674
    歌詞かな403打
  • 三原色/YOASOBI

    三原色/YOASOBI

    YOASOBIさんの三原色です!一番のみなのですぐ終わります!

    プレイ回数16112
    歌詞かな543打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(しずむようにとけてゆくように)

沈むように溶けてゆくように

(ふたりだけのそらがひろがるよるに)

二人だけの空が広がる夜に

(「さよなら」だけだった)

「さよなら」だけだった

(そのひとことですべてがわかった)

その一言で全てが分かった

(ひがしずみだしたそらときみのすがた)

日が沈みだした空と君の姿

(ふぇんすごしにかさなっていた)

フェンス越しに重なっていた

(はじめてあったひから)

初めて会った日から

(ぼくのこころをすべてうばった)

僕の心を全て奪った

(どこかはかないくうきをまとうきみは)

どこか儚い空気を纏う君は

(さびしいめをしてたんだ)

寂しい目をしてたんだ

(いつだってちっくたっくと)

いつだってチックタックと

(なるせかいでなんどだってさ)

鳴る世界で何度だってさ

(ふれるこころないことばうるさいこえに)

触れる心無い言葉うるさい声に

(なみだがこぼれそうでも)

涙が零れそうでも

(ありきたりなよろこびきっとふたりならみつけられる)

ありきたりな喜びきっと二人なら見つけられる

(さわがしいひびにわらえないきみに)

騒がしい日々に笑えない君に

(おもいつくかぎりまぶしいあすを)

思いつく限り眩しい明日を

(あけないよるにおちてゆくまえに)

明けない夜に落ちてゆく前に

(ぼくのてをつかんでほら)

僕の手をつかんでほら

(わすれてしまいたくてとじこめたひびも)

忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も

(だきしめたぬくもりでとかすから)

抱きしめた温もりで溶かすから

(こわくないよいつかひがのぼるまで)

怖くないよいつか日が昇るまで

(ふたりでいよう)

二人でいよう

(きみにしかみえない)

君にしか見えない

(なにかをみつめるきみがきらいだ)

何かを見つめる君が嫌いだ

(みとれているかのようなこいをするような)

見惚れているかのような恋をするような

(そんなかおがきらいだ)

そんな顔が嫌いだ

(しんじてたいことしんじれないこと)

信じてたいこと信じれないこと

(そんなのどうしたってきっと)

そんなのどうしたってきっと

(これからだっていくつもあって)

これからだっていくつもあって

(そのたんびいかってないてくの)

そのたんび怒って泣いてくの

(それでもきっといつかはきっとぼくらはきっと)

それでもきっといつかはきっと僕らはきっと

(わかりあえるさしんじてるよ)

分かり合えるさ信じてるよ

(もういやだってつかれたんだって)

もう嫌だって疲れたんだって

(がむしゃらにさしのべたぼくのてをふりはらうきみ)

がむしゃらに差し伸べた僕の手を振り払う君

(もういやだってつかれたよなんて)

もう嫌だって疲れたよなんて

(ほんとうはぼくもいいたいんだ)

本当は僕も言いたいんだ

(ほらまたちっくたっくと)

ほらまたチックタックと

(なるせかいでなんどだってさ)

鳴る世界で何度だってさ

(きみのためによういしたことばどれもとどかない)

君の為に用意した言葉どれも届かない

(「おわりにしたい」だなんてさ)

「終わりにしたい」だなんてさ

(つられてことばにしたとき)

釣られて言葉にした時

(きみははじめてわらった)

君は初めて笑った

(さわがしいひびにわらえなくなっていた)

騒がしい日々に笑えなくなっていた

(ぼくのめにうつるきみはきれいだ)

僕の目に映る君は綺麗だ

(あけないよるにあふれたなみだも)

明けない夜に溢れた涙も

(きみのえがおにとけてく)

君の笑顔に溶けてく

(かわらないひびにないていたぼくを)

変わらない日々に泣いていた僕を

(きみはやさしくおわりへとさそう)

君は優しく終わりへと誘う

(しずむようにとけてゆくように)

沈むように溶けてゆくように

(しみついたきりがはれる)

染み付いた霧が晴れる

(わすれてしまいたくてとじこめたひびに)

忘れてしまいたくて閉じ込めた日々に

(さしのべてくれたきみのてをとる)

差し伸べてくれた君の手を取る

(すずしいかぜがそらをおよぐようにいまふきぬけていく)

涼しい風が空を泳ぐように今吹き抜けていく

(つないだてをはなさないでよ)

繋いだ手を離さないでよ

(ふたりいま、よるにかけだしてく)

二人今、夜に駆け出してく

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!