ポラリス/Aimer

投稿者naisuプレイ回数104
楽曲情報 ポラリス  Aimer  作詞AIMERRHYTHM  作曲飛内 将大
難易度(3.4) 1234打 歌詞 かな 長文モード可タグaimer ポラリス 歌詞
※このタイピングは「ポラリス」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 のろま 6602 S+ 6.9 95.0% 176.9 1232 64 34 2021/12/25

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ちんもくのよなぎにただよったちいさなふねは)

沈黙の夜凪に漂った小さな船は

(からだじゅうきずをせおったたびびとのせたゆりかごになった)

体中 傷を背負った 旅人のせた ゆりかごになった

(かなしげなそのねがおはもうだれもよせつけないそぶり)

悲しげなその寝顔は もう誰も 寄せ付けないそぶり

(ここがいまどこかしらずにきたへきたへただむかう)

ここが今 どこか知らずに 北へ 北へただ向かう

(つないだはずのそのてがほどけていく)

つないだはずの その手が ほどけていく

(きみはまるではじめからあいされることができないみたいだ)

君はまるで はじめから 愛されることが できないみたいだ

(いつだってとまどってかえることもできなくなって)

いつだって 途惑って 帰ることもできなくなって

(たすけてってさけんでるだけでとどかなくてかなしくて)

「助けて」って叫んでるだけで 届かなくて 悲しくて

(ぼくはひとりだそんなこともういわせない)

「僕は一人だ...」 そんなこと もう言わせない

(ひびゆれるこころにしみこんだゆうべのあめが)

日々揺れる心に しみ込んだ昨夜の雨が

(きずあとのうえをながれるかこをけしさるように)

傷跡の上を流れる 過去を消し去るように

(つないだはずのろーぷはほどけていた)

つないだはずのロープは ほどけていた

(ふねはまるではじめからとどまることなんてできないみたいだ)

船はまるで はじめから 留まることなんて できないみたいだ

(いつだってとまどってかえることもできなくなって)

いつだって途惑って 帰ることもできなくなって

(みつけてってさけぶこえはまだとどかなくてさびしくて)

「見つけて」って叫ぶ声は まだ 届かなくて 寂しくて

(ひざをだいてまっている)

膝を抱いて待っている

(ぼくはひとりだ)

「僕は一人だ...」

(いつだってさまよってさけぶこともできなくなって)

いつだって 彷徨って 叫ぶこともできなくなって

(やみのなかをただただあるいた)

闇の中を ただただ 歩いた

(そうやっていきてきたぼくはひとりだ)

「そうやって生きてきた僕は一人だ...」

(そんなこともういわせない)

そんなこと もう言わせない

(つよがりだけのけついがみなもをまう)

強がりだけの決意が 水面を舞う

(それはまるではじめからそらをとぶことができるみたいだ)

それはまるで はじめから 空を飛ぶことが できるみたいだ

(いつだってだれだってかえることができなくなって)

いつだって 誰だって 帰ることができなくなって

(みつけてってさけんでみるけど)

「見つけて」って叫んでみるけど

(とどかなくてさびしくてひざをだいてまっているみんなひとりで)

届かなくて 寂しくて 膝を抱いて待っている みんな一人で

(いつだってさまよってたどるみちもないなみのうえ)

いつだって 彷徨って 辿る道もない波の上

(ふねはすすむただただよいながら)

船は進む ただ 漂いながら

(そうやっていきていくいまはふたりで)

そうやって生きていく 今は二人で

(いくさきはしらない)

行く先は知らない

(いつだってそばにいてこらえきれずなきだしたって)

いつだって 傍にいて こらえきれず泣き出したって

(やみのなかをかすかにてらすよ)

闇の中を かすかに照らすよ

(そうやっていきてきたきみのためだけの)

そうやって生きてきた君のためだけの

(ぽらりすになりたい)

ポラリスになりたい

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!