製作者の夢の話6

投稿者天狐プレイ回数47
難易度(3.5) 570打 長文
下校
夢の中って本当に不思議なことがありますよね。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 6619 S+ 6.8 96.3% 85.2 586 22 17 2021/10/03
2 なんだかな 5196 B+ 5.2 98.2% 106.6 564 10 17 2021/09/15

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ゆめのよかいにはいると)

夢の世界に入ると

(せいさくしゃがとうじとおっていたしょうがっこうにいました。)

製作者が当時通っていた小学校にいました。

(どうやらじゅぎょうがおわって)

どうやら授業が終わって

(「かえりのかい」なるものがおこなわれているもようです。)

「帰りの会」なるものが行われている模様です。

(しかし、まわりをみわたしても)

しかし、周りを見渡しても

(ぎりがかったじょうたいでだれもみえないし、)

霧がかった状態で誰も見えないし、

(じぶんのめのまえにあるつくえにはらんどせるもありません。)

自分の目の前にある机にはランドセルもありません。

(そしてその「かえりのかい」がおわって、)

そしてその「帰りの会」が終わって、

(げこうのじかんになりました。)

下校の時間になりました。

(あまりきおくがありませんが、)

あまり記憶がありませんが、

(すぐにがっこうをとびだしてがっこうのめのまえのどうろをわたり、)

すぐに学校を飛び出して学校の目の前の道路を渡り、

(かえっていきます。)

帰っていきます。

(そして、なぜかじぶんのいえではなく)

そして、なぜか自分の家ではなく

(とあるじんじゃのほうへむかってはしっていきます。)

とある神社のほうへ向かって走っていきます。

(まるでなにかそこにようじがあるかのごとく。)

まるで何かそこに用事があるかの如く。

(そして、じんじゃのとりいをくぐったしゅんかん)

そして、神社の鳥居をくぐった瞬間

(せいさくしゃのめがさめました。)

製作者の目が覚めました。

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!