製作者の夢の話8

投稿者天狐プレイ回数112
難易度(4.0) 813打 長文
5人
たまーになんですけど一回の睡眠で2つの夢を見ることもあります。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 蛍☆ 8587 8.8 96.9% 90.6 803 25 24 2021/09/16
2 /sus 5443 B++ 5.9 92.6% 135.2 799 63 24 2021/09/16

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ゆめのよかいにはいると)

夢の世界に入ると

(そこはいろいろなものがありました。)

そこは色々なものがありました。

(せいさくしゃがいったことのないばしょです。)

製作者が言ったことのない場所です。

(しかし、まるでせいさくしゃがこのせかいをつくりあげたかのようなかんじで、)

しかし、まるで製作者がこの世界を作り上げたかのような感じで、

(どこになにがあるのか)

どこに何があるのか

(だいたいのばしょはなんとなくのかんかくでわかりました。)

大体の場所はなんとなくの感覚でわかりました。

(しばらくして)

しばらくして

(たんさくにつかれたせいさくしゃは、)

探索に疲れた製作者は、

(ふとゆかにすわります。)

ふと床に座ります。

(そうするとめのまえには、)

そうすると目の前には、

(5にんのひとがあらわれました。)

5人の人が現れました。

(ひとりだけめちゃくちゃせのたかいひとがいました。)

一人だけめちゃくちゃ背の高い人がいました。

(しんちょうをきいてみると180cmあるといいます。)

身長を聞いてみると180㎝あるといいます。

(かおはにほんじんらしくのっぺりしたかおでした。)

顔は日本人らしくのっぺりした顔でした。

(げんじつのせかいではまったくあったことのないひとです。)

現実の世界では全くあったことのない人です。

(そうしてはなしていると、)

そうして話していると、

(ふとなにかがきになったのかはわかりませんが、)

ふと何かが気になったのかはわかりませんが、

(ふいにせいさくしゃが)

ふいに制作者が

(どうしてしんちょうがたかいの?とききました。)

どうして身長が高いの?と聞きました。

(そしてまたそのせのたかいひとにめせんをあわせたとき、)

そしてまたその背の高い人に目線を合わせた時、

など

(そのひとはせいさくしゃよりせがちいさくなっていました。)

その人は製作者より背が小さくなっていました。

(そのうちだんだんとげんじつにひきもどされるようなかんかくがあり、)

そのうちだんだんと現実に引き戻されるような感覚があり、

(そののち、)

そののち、

(せいさくしゃのめがさめました。)

製作者の目が覚めました。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!