星から降る金

投稿者ジュウニッシープレイ回数54お気に入り1
楽曲情報 GOLD VON DEN STERNEN // MOZART  東宝ミュージカル  作詞Sylvester Levay  作曲Michael Kunze
難易度(2.8) 1492打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 ミュージカル 東宝 モーツァルト! 東宝ミュージカル
ミュージカル【モーツァルト!】の劇中歌、星から降る金です。
※このタイピングは「GOLD VON DEN STERNEN // MOZART」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ぱぱいらしたわ)

パパ いらしたわ

(これはだんしゃくふじん)

これは男爵夫人

(わたしはあすのあさはやく うぃーんにかえります)

私は明日の朝早く ウィーンにかえります

(ヴぉるふがんぐ あなたをうぃーんにつれてかえりたいの)

ヴォルフガング 貴方をウィーンに連れて帰りたいの

(むすこはころれどだいしきょうさまに おつかえいたしております)

息子はコロレド大司教様に お仕え致しております

(ころれどのりょうかいはとりつけました)

コロレドの了解は取り付けました

(あなたをうぃーんでよにだしたいのよ)

貴方をウィーンで世に出したいのよ

(ろんがいでございます)

論外でございます

(うぃーんのいちりゅうどころと さいのうをきそってみたいとおもわない)

ウィーンの一流どころと 才能を競ってみたいと思わない?

(こうていへいかにこんさーとを きいていただくこともできる)

皇帝陛下にコンサートを 聴いていただくこともできる

(おぺらをさっきょくしてみたくはないの)

オペラを作曲してみたくはないの?

(もちろんぜんぶやってみたいです)

もちろん! 全部やってみたいです

(いきますうぃーんへ)

行きます! ウィーンへ

(おそれながらだんしゃくふじん)

恐れながら男爵夫人

(わたしはむすこにとって なにがひつようかしょうちいたしております)

私は息子にとって 何が必要か承知いたしております

(ちちおやでございます)

父親でございます

(あなたがたにひとつ おとぎばなしをきかせてあげましょう)

貴方方に一つ おとぎ話を聞かせてあげましょう

(おとぎばなし)

おとぎ話?

(むかしむかしあるところに まほうのもりがありました)

昔々あるところに 魔法の森がありました

(そこにはゆうきやきぼう おそれやあこがれのせいがいきていたのです)

そこには勇気や希望 恐れやあこがれの精が生きていたのです

(あこがれのせい)

憧れの精...?

(もりのおしろには おうさまとおうじさまがすんでいました)

森のお城には 王様と王子様が住んでいました

(としおいたおうさまこのよをなげき)

年老いた王様 この世を嘆き

(もんをとじへいをたかくきずいた)

門を閉じ塀を高く築いた

(おうじさまにいいきかせたの)

王子様に言い聞かせたの

(ここよりほかにいいくにはないと)

「ここより他に良い国はない」と

(よるのもりであこがれのせいが おうじにささやくたびだてと)

夜の森で憧れの精が 王子に囁く 「旅立て」と

(よぞらのほしからふる きんをさがしにしらないくにへ)

夜空の星から降る 金を探しに知らない国へ

(なりたいものになるため ほしからのきんをもとめ)

なりたいものになるため 星からの金を求め

(ひとりたびにでるのよ)

一人旅に出るのよ

(みちはけわしいとおうさまはいった)

「道は険しい」と王様は言った

(このしろにともにとどまるのだ)

「この城にともに留まるのだ

(おまえをまもるためしろをとざした)

お前を守るため城を閉ざした」

(おうさまはむすこをあいしていた)

王様は息子を愛していた

(あこがれのせいはもういちどおうじにつげた)

憧れの精はもう一度王子に告げた

(たびだてと)

「旅立て」と

(よぞらのほしからふる きんをさがしにせかいのはてへ)

夜空の星から降る 金を探しに世界の果てへ

(のぞむようにいきるなら ほしからのきんをもとめ)

望むように生きるなら 星からの金を求め

(ひとりたびにでるのよ)

一人旅に出るのよ

(あいとはときはなつことよ)

愛とは解き放つことよ

(あいとははなれてあげること)

愛とは離れてあげること

(じぶんのしあわせのためでなく)

自分の幸せのためでなく

(なみだこらえつたえよう)

涙こらえ 伝えよう

(よぞらのほしからふる きんをさがしにしらないくにへ)

夜空の星から降る 金を探しに 知らない国へ

(なりたいものになるため ほしからのきんをもとめ)

なりたいものになるため 星からの金を求め

(ひとりたびにでるのよ)

一人旅に出るのよ

(けわしいみちをこえて)

険しい道を超えて

(たびにでる)

旅に出る

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!