君と見た花火をもう一度 / いれいす

投稿者夏水プレイ回数324
楽曲情報 君と見た花火をもう一度  いれいす  作詞alto  作曲alto
難易度(3.8) 1285打 歌詞 長文モード可タグいれいす 君と見た花火をもう一度 歌い手 歌詞
いれいすさんのオリジナル曲「君と見た花火をもう一度」です。
※このタイピングは「君と見た花火をもう一度」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 もも(いれりす) 4139 C 4.3 96.1% 296.2 1277 51 41 2021/11/07
2 2426 F++ 2.6 93.4% 492.9 1286 90 41 2021/11/11
3 いおりん 2424 F++ 2.5 94.9% 499.0 1278 68 41 2021/10/08
4 🎲 2193 F+ 2.3 94.6% 553.5 1286 72 41 2021/11/25
5 🎲 1340 G+ 1.4 92.1% 877.8 1286 109 41 2021/11/17

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(よぞらにさいたはなびらをみつめて)

夜空に咲いた 花びらを見つめて

(おどろくきみのよこがおにこいをしたんだ)

驚く君の横顔に 恋をしたんだ

(ゆうぐれのみちふたりあるいてたわいのないかいわでもどきどきで)

夕暮れの道 二人歩いて 他愛のない会話でもドキドキで

(わたあめをたべるきみのそのすがたがなんだかとてもいとしくかんじた)

綿あめを食べる君のその姿が なんだかとても愛しく感じた

(いわなくちゃいえるわけない)

言わなくちゃ 言えるわけない

(きみをすきだっていうこと)

君を好きだっていうこと

(でもきょうはきっときみにつたえるよ)

でも今日はきっと君に伝えるよ

(よぞらにさいたはなびらをみつめて)

夜空に咲いた 花びらを見つめて

(おどろくきみのよこがおまだかえりたくないよ)

驚く君の横顔 まだ帰りたくないよ

(いいかけたことばはなびのおとできえて)

言いかけた言葉 花火の音で消えて

(つたえるゆうきがなくてわらってごまかして)

伝える勇気が無くて 笑って ごまかして

(「らいねんもこようね」)

「来年も来ようね」

(うちあがるはなびいじょうにうるさくなみうつかえりみち)

打ち上がる花火以上に うるさく波打つ帰り道

(h・o・t)

H・O・T

(すぐにとけるようなかきごおりのうつりゆくじかん)

すぐに溶けるようなかき氷の移りゆく時間

(いっしゅんでもきみとのおもいではいっしょう)

一瞬でも君との思い出は一生

(さいごのそのときまでいっしょに)

最後のその瞬間まで一緒に

(「つなぎたい」とつたえたいのきたいしたいのに)

「繋ぎたい」と伝えたいの 期待したいのに

(ほおをかすめてくなつのかおりでしる)

頬を掠めてく夏の香りで知る

(ひびくげたのねいろがやむ)

響く下駄の音色が止む

(「きみとながめてたいんだそばにおいで」)

「君と眺めてたいんだ 傍においで」

(つなぎたいすぐとどくきょりきみのそのひだりてに)

繋ぎたい すぐ届く距離 君のその左手に

(いっぽだけちかづいたらすこしふれた)

一歩だけ近づいたら 少し触れた

(よぞらにちったはなたばにてらされて)

夜空に散った 花束に照らされて

(あかいほおつないだてまだはなしたくないよ)

赤い頬 つないだ手 まだ離したくないよ

(このままずっとなりやまないではなび)

このままずっと 鳴りやまないで 花火

(おわりなんてこないでほしくて)

終わりなんて来ないでほしくて

(このときがとまればいいのに)

この時間が止まればいいのに

(ずっとずっときみにつたえたかった)

ずっとずっと 君に伝えたかった

(ただひとことがいえずにもがいていた)

ただ一言が言えずに もがいていた

(ひとりであるくよぞらのかえりみち)

一人で歩く夜空の帰り道

(とおくでひびくおとにおもわずふりむいた)

遠くで響く音に思わず振り向いた

(らいねんもきみをとなりでみたいから)

来年も君を隣で見たいから

(ただきみにつたえたくてはしって)

ただ君に伝えたくて走って

(ただきみにきいてほしいんだ)

ただ君に聞いてほしいんだ

(ずっとすきでした)

ずっと好きでした

(よぞらにさいたはなびらをみつめて)

夜空に咲いた 花びらを見つめて

(おどろくきみのよこがおまだかえりたくないよ)

驚く君の横顔 まだ帰りたくないよ

(いいかけたことばはなびのおとできえて)

言いかけた言葉 花火の音で消えて

(てらされたあかいほおよぞらにはながさく)

照らされた赤い頬 夜空に 花が咲く

(「らいねんもこようね」)

「来年も来ようね」

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!