製作者の夢の話19

投稿者天狐プレイ回数72
難易度(3.3) 633打 長文
ドラッグストア
現実でやったらめっちゃ迷惑ですよねw
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 7676 8.0 96.0% 80.9 648 27 20 2021/10/27
2 なんだかな 4694 C++ 4.9 95.1% 127.6 631 32 20 2021/10/24
3 Mikal 2263 F++ 2.3 94.7% 264.2 633 35 20 2021/10/24

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ゆめのせかいにはいると、)

夢の世界に入ると、

(どらっぐすとあのいりぐちにいました。)

ドラッグストアの入り口にいました。

(いりぐちのまわりには、)

入口の周りには、

(おかしがたくさんちりばめられています。)

お菓子がたくさんちりばめられています。

(そしてまわりにはいすが10こぐらいあって、)

そして周りには椅子が10個ぐらいあって、

(そのいすにつきひとりすわっていました。)

その椅子につき一人座っていました。

(せいかくなにんずうは、)

正確な人数は、

(ゆめのなかにいるせいさくしゃでさえはあくできていませんでした。)

夢の中にいる制作者でさえ把握できていませんでした。

(にんずうがおおすぎるのではなく、)

人数が多すぎるのではなく、

(かぞえることができないというようなかんかくでした。)

数えることができないというような感覚でした。

(そしてそのいすにすわっておかしをたべながら)

そしてその椅子に座ってお菓子を食べながら

(うだうだなにかをざつだんしていました。)

うだうだ何かを雑談していました。

(しかし、)

しかし、

(はなしているあいだところどころで)

話している間所々で

(ばいおはざーどのせかいかんのようなものが)

バイオハザードの世界観のようなものが

(のうりにふらっしゅばっくのようなかたちで)

脳裏にフラッシュバックのような形で

(あらわれていました。)

現れていました。

(そしてだんだんそのばいおのせかいかんになっていって、)

そしてだんだんそのバイオの世界観になっていって、

(かんぜんにそのふらっしゅばっくがおわったそのとき)

完全にそのフラッシュバックが終わったその時

(せいさくしゃのめがさめました。)

製作者の目が覚めました。

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!