ゼンマイ/tacica

投稿者もーりープレイ回数14
楽曲情報 ゼンマイ  tacica  作詞猪狩 翔一  作曲猪狩 翔一
難易度(2.3) 837打 歌詞 かな 長文モード可タグtacica バンド
ゼンマイ/tacica
tacicaの『ゼンマイ』です。
※このタイピングは「ゼンマイ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(びるのいせいで)

ビルの威勢で

(だいこうぶつのむねをやくような)

大好物の胸を焼く様な

(ゆうひものぞかなかったり)

夕日も覗かなかったり

(ひとがてにした)

他人が手にした

(はんとうめいのよろこびのまえで)

半透明の喜びの前で

(きゅうにたちどまったり)

急に立ち止まったり

(ぼくのこどうをしらせたいだけ)

僕の鼓動を報せたいだけ

(まちのいろをわすれないうちに)

街の色を忘れないうちに

(きずをかくしてせいこうなんだ)

傷を隠して成功なんだ

(きづかれたってしっぱいなんていわないのに)

気付かれたって失敗なんて云わないのに

(できそこないのぜんまい)

出来損ないのゼンマイ

(ちゅうにうくはずのないみらいはきらいになったの)

宙に浮く筈のない未来は嫌いになったの

(きみのこどうをしらせたいだけ)

キミの鼓動を報せたいだけ

(まちのにおいわすれないうちに)

街の匂い忘れないうちに

(せかいがいまぜんりょくではきだすは)

世界が今 全力で吐き出すは

(いきをきらしたきぼう)

息を切らした希望

(みぎのほおをうってわらった)

右の頬を打って笑った

(かぜはなんどだっていいの)

風は何だって良いの

(よごしためのひーろーもつまずいた)

汚した眼のヒーローも躓いた

(こどくをしってしまった)

孤独を知ってしまった

(へやのすみでちゃんすをまって)

部屋の隅で好機を待って

(しびれていたあしをそっとつきだそうと)

痺れていた足をそっと突き出そうと

(あわせたてにたくらんでいたみらいの)

合わせた手に企んでいた未来の

(じぶんじゃないきょうも)

自分じゃない今日も

(よるがいつもどおりむごんで)

夜が何時も通り無言で

(はしるこうかしたのおんどを)

走る高架下の温度を

(このずるいままのかんどうでもじめんを)

この狡いままの感動でも地面を

(たたくこどうはつづいた)

叩く鼓動は続いた

(はれあがったまぶたじゃないと)

腫れ上がった瞼じゃないと

(みまちがえたのさぼくも)

見間違えたのさ 僕も

(きれいなめのひーろーがうなずいた)

綺麗な眼のヒーローが頷いた

(いのちをしってしまった)

命を知ってしまった

(おどれないせかいもまわして)

踊れない世界も回して

(またりゆうをみつけだすさ)

また理由を見つけ出すさ

(よあけまえに)

夜明け前に

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

もーりーのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971