ありふれた、レプリカント

投稿者arimプレイ回数41
楽曲情報 ありふれた、レプリカント  作詞卯花ロク  作曲卯花ロク
難易度(2.3) 938打 歌詞 かな 長文モード可タグ 卯花ロク ボカロ
卯花ロクさんの、『ありふれた、レプリカント』です!
卯花ロクさんの、『ありふれた、レプリカント』です!
タイピング作成初心者がつくってます
※このタイピングは「ありふれた、レプリカント」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(だんじょうはんぜんとかたらうせんぱいのかおをみつめて)

壇上判然と語らう先輩の顔を見つめて

(ぼんようでしかないわたしはこのうえなくこがれた)

凡庸でしかない私はこの上なくこがれた

(ながいかみをきりおとしてゆく)

長い髪を切り落としてゆく

(このせいかくもうそでかためてく)

この性格も嘘で固めてく

(あなたのように)

あなたのように

(なりたくて)

なりたくて

(ああへらしていくけずりこそぐ)

嗚呼減らしていく削り刮ぐ

(わたしはろぼうのいしだから)

私は路傍の石だから

(かがやくためには)

輝くためには

(わたしをかたに)

私を型に

(はめて)

嵌めて

(きどらないとえんじないと)

気取らないと演じないと

(せんぱいみたいにならないと)

先輩みたいにならないと

(むかちなことだれよりわかってるからね)

無価値なこと誰より分かってるからね

(そつぎょうしてあなたはさった)

卒業してあなたは去った

(わたしはありつづけた)

私は在り続けた

(ひとからもしたわれはじめあこがれになっていた)

人からも慕われ始め憧れになっていた

(それがとてもこころうれしくて)

それがとても心嬉しくて

(ゆめにすこしとどいたきがして)

夢に少し届いた気がして

(あなたにちかづけたかな)

あなたに近づけたかな?

(ああめかしていくまやかしてく)

嗚呼粧していくまやかしてく

(あなたをきこんで)

あなたを着込んで

(まくひらく)

幕開く

(それしかわたしにかちなど)

それしか私に価値など

(ないのだから)

ないのだから

(あのひこがれみたあなたのえがおをすがおに)

あの日焦がれ 見たあなたの 笑顔を素顔に

(はりつける)

貼り付ける

(わらいかたをわすれたこのすがおにそっと)

笑い方を忘れたこの素顔に そっと

(かがみのまえではいてなみだうかべて)

鏡の前で吐いて涙浮かべて

(えずいてはいてないてわけもわからなくて)

嘔吐いて吐いて泣いて理由もわからなくて

(わたしはあこがれをえたたいかになにをなくしてしまったの)

私は 憧れを得た対価に 何を亡くしてしまったの?

(ああこわれていくくずれていく)

嗚呼 壊れていく 崩れていく

(それすらうまく)

それすら上手く

(ごまかしてく)

誤魔化してく

(いまさらわたしはわたしになれないから)

今更私は わたしになれないから

(かたがなじむとおのいてく)

型が馴染む遠のいてく

(だれもがわたしをわすれていく)

誰もが わたし を忘れていく

(だけどこれであなたになれたのならいいんだよ)

だけどこれで 私 になれたのならいいんだよ

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!