大正浪漫

投稿者Carrotプレイ回数607
楽曲情報 大正浪漫  YOASOBI  作詞Ayase  作曲Ayase
難易度(2.6) 963打 歌詞 長文モード可タグ大正浪漫 YOASOBI
大正浪漫の歌詞をタイピングして下さい!
YOASOBIさんの新曲!!
大正浪漫の歌詞をタイピングして下さい!
すべての歌詞が入っています。
頑張って下さい!!
※このタイピングは「大正浪漫」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ドレミ 7422 7.8 94.7% 122.6 963 53 47 2021/11/30
2 dust cat 6542 S+ 6.8 95.8% 140.0 958 42 47 2021/12/01
3 mimaa 6516 S+ 6.7 96.3% 142.1 962 36 47 2021/12/14
4 虎徹 6165 A++ 6.3 97.1% 151.0 959 28 47 2021/12/01
5 おもち 5578 A 5.9 94.0% 161.7 963 61 47 2021/12/31

関連タイピング

  • 夜に駆ける

    夜に駆ける

    YOASOBIさんの夜に駆けるです!1番のみです。

    プレイ回数1401085
    歌詞かな612打
  • 怪物

    怪物

    怪物/YOASOBI

    プレイ回数276102
    歌詞かな1278打
  • 三原色

    三原色

    三原色/YOASOBI

    プレイ回数33011
    歌詞かな908打
  • 群青

    群青

    一番だけなので、すぐ終わります。

    プレイ回数44212
    歌詞かな403打
  • 三原色/YOASOBI

    三原色/YOASOBI

    YOASOBIさんの三原色です!一番のみなのですぐ終わります!

    プレイ回数17079
    歌詞かな543打
  • もう少しだけ

    もう少しだけ

    プレイ回数3171
    歌詞1222打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あるひとつぜんにそれは)

ある日突然にそれは

(おとずれたできごと)

訪れた出来事

(はじまりはいっつうのてがみ)

始まりは一通の手紙

(おくりぬしははるかむかしをいきるきみ)

送り主は遥か昔を生きる君

(そんなふかしぎなであい)

そんな不可思議な出会い

(ぼくのじだいにはいま)

僕の時代には今

(こんなものがあって)

こんなものがあって

(こんなくらしをしているよ)

こんな暮らしをしているよ

(もじにこめてつたえあううちに)

文字に込めて伝え合ううちに

(いつしかめばえたろまんす)

いつしか芽生えたロマンス

(けっしてであうことのできないぼくら)

決して出会うことの出来ない僕ら

(それぞれのせかいから)

それぞれの世界から

(つづることば)

綴る言葉

(つのるおもい)

募る想い

(すがたさえも)

姿さえも

(しらないまま)

知らないまま

(どんなときもきみのことばを)

どんな時も君の言葉を

(まちこがれているんだ)

待ち焦がれているんだ

(いきるじだいはちがうけど)

生きる時代は違うけど

(なんどでもじかんをこえて)

何度でも時間を超えて

(きみとつたえあうおもい)

君と伝え合う想い

(ねがいがかなうなら)

願いが叶うなら

(ひとめでいいから)

一目でいいから

(あいたいな)

会いたいな

(すきだから)

好きだから

(ふいにおもいだしたのは)

不意に思い出したのは

(きみがいきるじだいのあした)

君が生きる時代の明日

(おこること)

起こること

(かなしいこと)

悲しいこと

(つたえなくちゃ)

伝えなくちゃ

(どうかきせきよおきて)

どうか奇跡よ起きて

(すぎていくときと)

過ぎていく時と

(かわるきせつ)

変わる季節

(あれからとだえたてがみ)

あれから途絶えた手紙

(もうとどかないことばだけがむねをしめつける)

もう届かない言葉だけが胸を締めつける

(はるかかなた100ねんさきを)

遥か彼方100年先を

(きみがみてみたいとねがったみらいをいま)

君が見てみたいと願った未来を今

(ぼくはまだあるいているよ)

僕はまだ歩いているよ

(くるしいおもいをむねにだいたまま)

苦しい想いを胸に抱いたまま

(そんなぼくにとどいたてがみ)

そんな僕に届いた手紙

(みおぼえのあるまちこがれていたもじ)

見覚えのある待ち焦がれていた文字

(それはきみがあのひをこえて)

それは君があの日を越えて

(ぼくにかいたさいごのこいぶみ)

僕に書いた最後の恋文

(きみがきみのじだいをいきたあかしを)

君が君の時代を生きた証を

(やちよこえてもにぎりしめて)

八千代越えても握りしめて

(ぼくがぼくのじだいにみるそのすべてを)

僕が僕の時代に見るその全てを

(いつかつたえにいくよ)

いつか伝えに行くよ