わたしは禁忌

投稿者Rikoプレイ回数90
楽曲情報 わたしは禁忌  作詞いよわ  作曲いよわ
難易度(1.9) 1121打 歌詞 かな 長文モード可タグボカロ
いよわさんの「わたしは禁忌」です。
無かったので作りました。鍵括弧などは省いてあります。改行多めです。
※このタイピングは「わたしは禁忌」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(たいようがおちてくりゃいいな)

太陽が落ちてくりゃいいな

(あまりにもさむいから)

あまりにも寒いから

(くらがりのおくはあるけないきまり)

暗がりの奥は歩けない決まり

(いきたいばしょだっておおいが)

行きたい場所だって多いが

(あまりにもさむいから)

あまりにも寒いから

(このまちのそとにはでれないきまりなの)

この街の外には出れない決まりなの。

(きょうもあくびをそしゃくして)

今日もあくびを咀嚼して

(なみだのかわいた)

涙の乾いた

(しおあじのみちをあるいているわ)

塩味の道を歩いているわ

(けっしてちかみちしないように)

決して近道しないように

(つれていかれんぞ)

連れて行かれんぞ。

(あいつらはいつでもそこらで)

あいつらはいつでもそこらで

(まってんだ)

待ってんだ!

(おれらのなかまになろうぜって)

「俺らの仲間になろうぜ」って

(さけぶことば)

叫ぶ言葉

(おまえだけずるいかわれ)

「オマエだけズルい代われ」

(いうには)

言うには

(わたしはきんきにふれたって)

「私は禁忌に触れた」って

(でもさ)

でもさ!

(そこは)

そこは

(うごけないほどつめたいだろ)

動けないほど冷たいだろ?

(ざまあみろよ)

ざまあみろよ!

(そこからさきはふめないだろ)

そこから先は踏めないだろ?

(このにちじょうはわたさないわ)

この日常は渡さないわ。

(つきがくだけちりゃいいな)

月が砕け散りゃいいな

(なまりいろのまどには)

鉛色の窓には

(わたしのすがたはうつらないきまり)

私の姿は映らない決まり。

(あなたのちかくだけが)

あなたの近くだけが

(あたたかいままなのは)

暖かいままなのは

(まだわたしをわすれていないあかしなの)

まだ私を忘れていない証なの。

(きょうもいたみをしかとして)

今日も痛みをシカトして

(なみだのかわいた)

涙の乾いた

(しおあじのまちでくらしているわ)

塩味の街で暮らしているわ

(けっしてふれてしまわぬように)

決して触れてしまわぬように

(つれていっちまうぞ)

連れて行っちまうぞ。

(だけどあなたがそんなかおでなくから)

だけどあなたがそんな顔で泣くから。

(こえがなってんだ)

声が鳴ってんだ

(おまえのなかまにしようぜって)

「お前の仲間にしようぜ」って

(さけぶことば)

叫ぶ言葉

(がまんはむりだろさわれ)

「ガマンは無理だろ?触れ」

(いうには)

言うには

(わたしはきんきそのものだって)

「私は禁忌そのものだ」って

(でもさ)

でもさ、

(そこは)

そこは

(おしいほどにあたたかいだろ)

惜しいほどに暖かいだろ

(あなただけはまもらなくちゃいみがないだろ)

あなただけは守らなくちゃ意味がないだろ

(こんなさむさがなんだってんだよ)

こんな寒さが何だってんだよ!

(ゆうれいが)

幽霊が

(しあわせのなかにいようなんて)

幸せの中に居ようなんて

(ばかだ)

馬鹿だ

(ばかだ)

馬鹿だ?

(だとしたらなんだだまれ)

だとしたら何だ黙れ!

(いうには)

言うには

(わたしはきんきにふれたって)

「私は禁忌に狂れた」って

(でもさ)

でもさ、

(ここは)

ここは

(うごけないほどつめたいから)

動けないほど冷たいから

(どうか)

どうか

(ここで)

ここで

(わたしにあうのはやめてほしい)

私に会うのはやめてほしい

(ああさむいな)

あぁ、寒いな。

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!