ラバウル航空隊

投稿者越村 加奈子プレイ回数109
楽曲情報 ラバウル海軍航空隊  鶴田 浩二  作詞佐伯 孝夫  作曲古関 裕而
難易度(3.0) 180秒 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 タイピング練習 戦争
軍歌
鶴田浩二
※このタイピングは「ラバウル海軍航空隊」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 テニス 4933 B 5.3 92.5% 60.0 322 26 11 2021/12/08
2 6-2松本ひろと 1411 G+ 1.5 91.2% 180.0 281 27 9 2021/12/10
3 零式艦上戦闘機 950 G 1.0 90.1% 60.0 64 7 2 2021/12/08

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ぎんよくつらねて みなみのぜんせん)

1,銀翼連ねて 南の前線

(ゆるがぬまもりの うみわしたちが)

揺るがぬ護りの 海鷲達が

(にくだんくだく てきのしゅりょく)

肉弾砕く 敵の主力

(はえあるわれら らばうるこうくうたい)

■栄(は)えある我等 ラバウル航空隊

(かずおばたのんで よせくるただなか)

2、数をば恃(たの)んで 寄せ来る只中(ただなか)

(かならずかつどぞと とびこむときは)

必ず勝つぞと 飛び込む時は

(むねにさした きちのはなも)

胸にさした 基地の花も

(にっこりわらう らばうるこうくうたい)

■にっこり笑う ラバウル航空隊

(かいぐんせいしん もてたつとうこん)

3、海軍精神 燃え立つ闘魂

(いざみよ みなみのかがやくたいよう)

いざ見よ 南の輝く太陽

(くもになみに てきをやぶり)

雲に波に 敵を破り

(とどろくそのな らばうるこうくうたい)

■轟くその名 ラバウル航空隊

(しずめたてきかん おとしたてききも)

4、沈めた敵艦 墜とした敵機も

(わすれてみつめる よふけのほしは)

忘れて見つめる 夜更けの星は

(われにかたるる とものみたま)

我に語る 戦友(とも)の御霊(みたま)

(いさおはたかし らばうるこうくうたい)

■勲(いさお)は高し ラバウル航空隊

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!