キャッシュとスタブ

投稿者yosieプレイ回数283
難易度(5.0) 30秒 長文タグIT用語 スタブ web net
IT用語のwikiを参考にしたものです
個人の学習メモです。一部間違っているところがあるかもしれません。

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(でーたないようのいちぶとそのさんしょうをほじする)

データ内容の一部とその参照を保持する

(てんそうもととてんそうさきのちゅうかんにいち)

転送元と転送先の中間に位置

(れじすたはきおくかいそうのうちもっともしょうようりょうでcpuがわにいちする)

レジスタは記憶階層のうち最も小容量でCPU側に位置する

(ばすはこんぴゅーたのないがい、かくかいろがでーたをこうかんするためのけいろ)

バスはコンピュータの内外、各回路がデータを交換するための経路

(1びっとずつじゅんばんにでーたをてんそうするばすをしりあるばすとよぶ)

1ビットずつ順番にデータを転送するバスをシリアルバスと呼ぶ

(すたぶでしんごうはけいはれっかする)

スタブで信号波形は劣化する

(もじゅーるはしすてむをこうせいするようそのこと)

モジュールはシステムを構成する要素のこと

(もじゅーらーあぷろーちはぐぐってもいみがでてこない)

モジューラーアプローチはぐぐっても意味が出てこない

(すたぶのごげんはきりかぶ)

スタブの語源は切り株

(すたぶはけんさじにおけるかいもじゅーるのだいようひんのこと)

スタブは検査時における下位モジュールの代用品のこと

(ぽーとのせつぞくは、じゅんばんによるせつぞくとなまえによるせつぞくがある)

ポートの接続は、順番による接続と名前による接続がある

(くうかんてききょくしょせいはでーたのかくのういちにたいするへんざいせいをしめすことば)

空間的局所性はデータの格納位置に対する偏在性を示す言葉

(れんぞく、きんぼうりょういきのでーたてんそうがおこなわれているばあいをくうかんてききょくしょせいがあるという)

連続、近傍領域のデータ転送が行われている場合を空間的局所性があるという

(しんにらんだむにてんそうされるべきでーたというのはすくない)

真にランダムに転送されるべきデータというのは少ない

(たいていのでーたにはくうかんてききょくしょせいがそんざいする)

大抵のデータには空間的局所性が存在する

(みようきゅうでーたをほじすれば、きゃっしゅかいれべるとのてんそうせっとかいすうはさくげんか)

未要求データを保持すれば、キャッシュ下位レベルとの転送セット回数は削減可

(おんせいのようなすとりーむでーたなどはじかんてききょくしょせいはあまりない)

音声のようなストリームデータなどは時間的局所性はあまりない

(じきてーぷをせろふぁんてーぷでひっつけないで)

磁気テープをセロファンテープでひっつけないで

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。